江戸しぐさ

茗渓の冊子に「江戸しぐさ」について書かれてあった。

傘かしげ:雨の日などにすれ違う時、お互いに傘を傾けて、雫がかからないようにする行為。

肩引き:狭い道路や路地、込み合った場所で、前方から人が来たとき、お互いに右の肩を引いて胸と胸とを合わせるようにしてすれ違うぐさ。

こぶし浮かせ:川の渡し場で渡し舟に乗るときに、後から来た客の席を作るため、座っていた者がこぶしをついてつめてあげるというしぐさ。

うかつあやまり:人ごみの中で足を踏まれたときに、踏んだほうが謝るのは当然だが、踏まれたほうも自分もうっかりしていたと謝るしぐさ。
by saitoru1960 | 2009-12-05 09:42 | いろいろ

心動かされたことを忘れぬように


by saitoru1960