竹矢来(たけやらい・実話):嶋田ギャラリーメルマガより

岡山県上房郡 山村の五月
時ならぬエンジンの音がこだました。
運転するのは憲兵下士官 サイドカーには憲兵大尉
行く先は村役場

居丈高に怒鳴る大尉の前に
村長と徴兵係とが土下座していた。
「貴様ら!責任をどう取るのか!」

老村長の額から首筋に脂汗が浮き
徴兵係は断末魔のようにケイレンした。

大尉は二人の案内で一軒の家に入った。
「川上総一の父は貴様か! この国賊めが!」
父にも母にも祖父にも何のことか解らなかった。
やっと理解できた時、三人はその場に崩れた。

総一は入隊一ヶ月で脱走した。
連隊捜索の三日を過ぎ事件は憲兵隊に移された。
憲兵の捜索網は二日目に追い詰めた。

断崖から身を躍らせて総一は自殺した。
勝ち誇った憲兵大尉は全員を睨み回して怒鳴った。

「貴様らこの始末をどう付けて
天皇陛下にお詫びするかっ!」

不安げに覗き込む村人を
ジロっとにらんだ大尉が一喝した。
貴様らも同罪だっ!」戦慄が村中を突き抜けた。

翌朝 青年団総出の作業が始まった。
裏山から伐り出された孟宗竹で
家の周囲に竹矢来が組まれた。

その外側に掛けられた大きな木札に
墨痕鮮やかに『国賊の家』

「あの子に罪や無え 兵隊にゃ向かん優しい子に育ててしもうた 
ウチが悪かったんじゃ」
母の頬を涙が濡らした。

「ワシャ長生きし過ぎた 戦争さえおこらにゃ乙種の男まで 
兵隊に取られるこたあなかった」
日露戦争に参加した祖父が嘆いた。

「これじゃ学校に行けんがナ」
当惑する弟の昭二に母親は答えられなかった。
「友達も迎えに来るケン」
父親が呻くように言った。
「お前にゃもう学校も友達もねえ わしらには村も国ものうなった」
納得しない昭二が竹矢来に近づいた時
昨日までの友達の投げる小石が飛んだ。
「国賊の子」 女の先生がそっと顔を伏せて去った。

村役場で接待を受けていた大尉は
竹矢来の完成報告を満足して受けた。

「よし帰るぞ お前ら田舎もんは知るまいから おれが書いといてやった。
あとは署名だけで済む」
彼は一枚の便箋を残して引き揚げた。

一読した村長は顔色が変わったが、黙って懐に入れ、
夜更けてから 竹矢来の家を訪れた。

三日後川上家一同の死が確認された。
昭二少年の首には
母の最後の愛か正絹の帯揚げが巻かれていた。

梁から下がった三人の中央は父親、
大きく見開かれたままの彼の目は、欄間に掛けられた天皇皇后の写真をにらみつけていた。

三人の足元に置かれた便せんの遺書に
「不忠の子を育てました罪 一家一族の死を以って天皇陛下にお詫びします」

村長は一家の戸籍謄本を焼却処分した。

村には不忠の非国民はいなかった。
(憲法九条の会・岩岡 ニュース第38号より)
by saitoru1960 | 2010-09-17 05:05 | いろいろ

心動かされたことを忘れぬように


by saitoru1960