女子柔道15人が暴力で監督告発

 柔道界にも体罰問題が浮上した。女子の日本代表選手らが強化合宿で園田隆二監督(39)らによる暴力やパワーハラスメントがあったことを日本オリンピック委員会(JOC)に告発していたことが29日、明らかになった。昨年末に提出された文書はロンドン五輪代表を含む国内15選手の連名によるもので、トップ選手による集団告発は異例。体罰が社会問題となる中、柔道界だけでなく日本のスポーツ界にとっても衝撃の事件が発覚した。

 女子選手らがJOCに訴えたのは、五輪に向けた強化合宿などでの園田監督やコーチ陣の暴力、パワーハラスメントだった。練習中の平手や竹刀での殴打や暴言、けがをしている選手への試合出場の強要など、指導の実態が明かされた。

 格闘技として精神的な強さが求められる柔道では、以前から選手の心を鍛える手段として体をたたく行為が行われている。通常は背中などだが、それが頭、顔になり、さらにエスカレートすることもある。「愛のむち」かもしれないが、許される時代ではない。選手たちも耐えられなくなったからこそ、JOCへの直訴という異例の行動に出た。

 園田監督は技の研究に熱心な理論派だが、同時に情熱派でもある。熱心になりすぎるがゆえに、行きすぎて手が出たり、激しい言葉を浴びせることもあった。関係者によると、国際大会で選手を平手打ちする同監督を欧米のコーチが制止する場面もあったという。

 ロンドン五輪後、監督交代した男子に対して、女子は園田監督が留任。昨年11月の会見では、園田監督の「指導法」も話題になったが、小野沢専務理事は「しっかり、監督とも話した。(選手との)意思の疎通が十分でなかったことに関して、指導力や情熱で克服できると判断し(続投を)決めた」と説明していた。

 JOCに加盟する全日本柔道連盟(全柔連)では、すでに倫理委員会で園田監督らに聞き取り調査を行った。当事者は事実関係を大筋で認めているという。同監督は「今までは自分の考えでやってきたが、修正する部分は修正していきたい」と話しているが、訴えた選手らは指導体制の刷新を求めているという。

 今月15日のJOC理事会でも「パワハラ、セクハラ厳禁」が、各加盟団体に徹底されている。市原専務理事は「我々は殴られて育った世代だが、時代は変わった。JOCはアスリートを第一、選手の立場でものを考えている」と話した。大阪市立桜宮高の事件を受けてのものだったが、この時にはすでに柔道の問題も知っていたわけだ。文書の提出があったことを認めたJOC幹部は「正確に事態を把握し、指導者への指導を徹底したい」とした。

 全柔連は、今後の大きな目標として「指導者養成」をあげている。斉藤強化委員長も「将来的に見て、指導者を育てることが重要。そこに柔道の未来がある」と話していたが、すべての指導者が目標とすべき代表監督に問題が噴出してしまった。大阪市立桜宮高の事件以来、大きな社会問題ともなる「体罰」だけに、柔道界だけにとどまらず日本スポーツ界全体に影響を及ぼす「大事件」でもある。

 ◆園田隆二(そのだ・りゅうじ)1973年(昭48)9月16日、福岡県大牟田市生まれ。
船津中、柳川高、明大。
92年、60キロ級で世界ジュニア優勝。
93年に世界選手権制覇。
95年世界選手権は銅メダル。
08年北京五輪後に女子日本代表監督に就任。

<女子柔道パワハラ:園田監督らに戒告処分> 毎日新聞 2013年01月30日 

 柔道全日本女子の園田隆二監督(39)らから暴力やパワーハラスメントを受けたとして、ロンドン五輪女子代表選手ら15人が日本オリンピック委員会(JOC)に告発文を提出した問題で、全日本柔道連盟の小野沢弘史専務理事と村上清事務局長が30日、東京都文京区の講道館国際柔道センターで記者会見し、今月中旬に園田監督らに戒告処分を言い渡したことを明らかにした。告発文には園田監督の退任要求が含まれていたが、全柔連は園田監督が反省していることを考慮し、交代させない方針。また、告発した選手名はJOCから全柔連に伝えられていないという。

 小野沢専務理事によると、昨年9月下旬、全柔連に「園田監督が暴力行為をしている」との通報が入り、園田監督と被害を受けたとされる選手双方に聞き取り調査した結果、「ほぼ事実」と判断。園田監督に始末書を出させ、厳重注意処分とした。さらに12月には、園田監督らの暴力について15人連名でJOCへ告発文が提出されたため、全柔連で園田監督に聞き取り調査し、事実が確認されたため、今月19日に園田監督と元強化コーチに文書で戒告処分を言い渡した。全柔連の処分は(1)永久資格停止(2)一時資格停止(3)文書による戒告(4)口頭による注意−−に分かれている。

 全柔連として把握している園田監督の選手への暴力行為は10年8月〜12年2月の5件。集合が遅かったり、大会で負けたりした時などに平手や棒などで殴打していたという。それ以外に元強化コーチによる暴力もあった。小野沢専務理事は「深刻に受け止めている。相手を尊敬し、人格を形成していく競技で、手を上げるなど決して許されない。本人も反省している。全柔連は今後、行きすぎた行為がないように徹底したい」と謝罪した。

 JOCの平真事務局長は「JOCに文書が届いたのは12月に入ってから。全柔連には、実態を調査するように指示している。JOCとしての対応はまだ、決まっていない」と話している。

 園田監督は福岡県出身。明大時代の93年世界選手権男子60キロ級で金メダルを獲得。その後、警視庁入りし、現在も警察官。引退した後は全日本女子のコーチを経て08年から監督。全柔連は16年リオデジャネイロ五輪に向けた続投を決定しており、来月5日には、同9〜10日のグランドスラム・パリ大会へ、代表選手とともに出発する予定。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あまりにも空気を読んでいない全柔連の反応に驚く。
さて、どうする。
by saitoru1960 | 2013-01-30 20:12 | いろいろ

心動かされたことを忘れぬように


by saitoru1960