外から見るということ

 海外に出たら、日本は本当にいい国だとあらためて思う。
モノのクオリティー、サービス業、すべてにおいてディテールにこだわっている。
ここが、何につけてもアバウトな外国とは違う。これはオレの価値観が日本人寄りだから、という理由ではないと思う。外国人だって日本のサービスを受けたら絶対にいい思いをするはず。その点で、日本は世界トップだと認識している。海外に出てから、感じるようになった。


 それと同時に思うのは「これを築いたのは誰なんだ?」ということ。オレたちではない。こんな裕福な今日(こんにち)の日本があるのは、先代の人たちの頑張りのおかげだと思っている。
 オレたちは、彼らが頑張って汗水たらして残していってくれたもののおかげで生活できていると思う。それが今、いろんな面でまさしく危機を迎えている。
 オレが言うまでもなく、いろんな人が「日本はそのうち破綻する」と言うのが聞こえてくる。
 「なんでそうなったのか?」ということを考えないと。
 今のオレたちは何も築いていない。先人の財産を使ってきただけ。感謝して、今からもう1度、頑張らないといけないんじゃないか。
 それなのに浪費した揚げ句、責任のなすり合いが、どの場面どの分野でも繰り広げられているように見える。
 海外から見ると、より一層、強くそう感じる。

(日刊スポーツより 20120914本田圭祐へのインタビューより)
by saitoru1960 | 2013-06-06 06:42 | いろいろ

心動かされたことを忘れぬように


by saitoru1960