福島県立双葉高の卒業式

普通の日が続いていれば、佐藤と同級生だった山本さん。
双葉高校に残った人と残れなかった人。
どちらも辛いものだったに違いない。

でも、佐藤にとっての双葉高校のことを想像することが出きなかった。
昨日のニュースでこの記事を見つけなければ気づかず終わっていた。
何もなければ出会っていた160人の3年の時間が残した軌跡。
きっと、いつになってもそれを想像する気持ちはなくならないだろう。
不可抗力によって出会えなかった160人の悔恨の念。
ずっと持ち続けて生きていくのだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東日本大震災3年:迷い悩み、覚悟の春 古里の校舎、足踏み入れることなく 原発事故避難、福島・サテライト高で卒業式
毎日新聞 2014年03月01日 東京夕刊
f0013998_18532967.jpg
福島県立双葉高の卒業式で別れのことばを述べる山本さん=同県いわき市で1日午前11時12分、西本勝撮影

 福島県立高校(96校)の大半で卒業式が1日あり、1万5050人が巣立つ。東日本大震災が起きた3年前の3月11日、県内の多くの公立中学校を卒業した生徒たちだ。福島第1原発事故に伴う避難区域内にあった8高校の卒業生計307人は、仮設校舎などを利用した「サテライト校」で学んできた。3年間、一度も本校舎に通うことなく高校生活を終える。【中尾卓英、樋口岳大】

 県立双葉高(双葉町)の卒業式は午前10時から、いわき明星大(いわき市)内のサテライト校の講堂であり、前生徒会長の山本未来(みき)さん(18)が卒業生34人を代表し、涙ながらに「別れのことば」を述べた。

 <中学生の時に思い描いていた高校生活とは、かけ離れた日々が続きました。慣れない土地での生活。少人数のクラス。行事の少ない学校生活。精神的に追い詰められた日々。当然、私たちも迷いました。悩みました>

 あの日、中学卒業式から帰宅後、揺れに襲われ津波も見た。東京電力の下請け会社に勤める父(51)、小学校教員の母(45)と中学1年の妹、祖父母との6人家族。栃木県の親類宅などを転々として2011年4月、いわき市へ。県内4カ所に分散した双葉高のサテライトのうち、一つが市内の高校にできたからだ。食堂を使った教室で一緒なのは12人、女子は1人だけ、入学式も制服もない。同級生160人の多くは県内外に移り「双葉高」を選んだのは4カ所で計40人にとどまった。

 2年生になり、4カ所のサテライトが、いわき明星大に集約され同じ教室で学べるように。入学1年後の初対面で当初は戸惑いも覚えた。支援のお陰で実現した愛媛県への修学旅行、野球部の応援、学校創立90周年記念事業で取り組んだ映画製作……。共に重ねる日々が絆を深めていく。

 <人数は少ないですが最高の仲間たちとともに過ごすことができたこと、私たちはずっと忘れません>

 国語教師を目指して関東の大学に進む。3年後の教育実習時、双葉高など双葉郡の5校は統合されて中高一貫校となっている。「なくなってしまうかもしれない古里のすばらしさを伝えられる先生」が目標だ。実現できた時、支えてくれた人々に感謝を伝えられる、と信じている。

 <堂々と社会の荒波に立ち向かっていく覚悟です>
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<全文>
◇「別れのことば」

 福島県立双葉高校第66回卒業生代表

 山本未来

 今こうして顧みますと、高校での3年間の生活は短く、一瞬の出来事のようでした。千年に一度と言われた東日本大震災と、それに伴う東京電力福島第1原発の事故により私たちの生活は一変してしまいました。今まで耳にしたこともないサテライト校という特殊な教育環境で高校生としての第一歩を踏み出したのは5月9日のことでした。双葉高校での生活を楽しみにしていた多くの仲間たちが県内外の高校に転学していき、制服もなく、入学式も経験していない中の40人のスタートでした。中学生の時に思い描いていた高校生活とは、あまりにもかけ離れた日々が続きました。慣れない土地での生活。少人数のクラス。行事の少ない学校生活。精神的に追い詰められた日々。当然、私たちも迷いました。悩みました。でも双葉高校に残ることで何かが見えてくるのではないかと思い、残ることを決意しました。県内4カ所に分かれていた私たちが初めて顔を合わせたのは、本宮総合体育館でした。その時、先輩たちは離ればなれになっていた先生たちや友人との再会を喜び合っていましたが、初対面の私たちは戸惑いを隠せずにいたことを覚えています。

 2年生に進級し、双葉高校はいわき明星大学に集約され、初めて私たちは同じ教室で学ぶことができるようになりました。1年間離れていた日々を埋めるように打ち解け合い、同じく集約された双葉翔陽高校、富岡高校との3校合同球技大会などで、その絆はさらに深くなりました。また、遠足や3校合同ステージ発表会などの行事が増え、やっと高校生らしい生活を送れるようになったという喜びはとても大きいものでした。愛媛県の方々の温かいご支援により実現した修学旅行は、みかん狩りやぞうきんがけレース、そして八幡浜高校との学校交流は忘れられないものとなり、ひと味違った心に残る修学旅行となりました。4日間寝食をともにし、仲間との友情を再確認したことは言うまでもありません。

声を限りに応援した夏の高校野球大会。最後まであきらめない野球部のみなさんの姿に感動しました。ボランティア部と生徒会で、お世話になっているいわき市への恩返しとして始めた清掃活動では、先輩方にも活動の輪が広がり、とても充実した活動となりました。そして創立90周年の記念事業の一環としてクラスごとに挑戦した自主映画製作。シナリオから編集まですべて行うのは、受験を控えている立場から考えるととても心配でした。最初のシナリオから壁にぶつかり、その不安は大きくなるばかりでした。しかしその壁を乗り越えると意外にも作業が進み、撮影が終わるまで短く感じました。上映会でも各クラスの完成度の高さに驚くばかりでした。すべての生徒が協力し合って完成させた作品を見て、双葉高校が一つになったと感じた瞬間でした。

 この3年間、辛(つら)かったことも、楽しかったことも、悲しかったことも、私たちにとっては何物にも代えがたい大切な思い出という宝物になりました。そして、その思い出の中には、いつも、いつも、仲間たちがいました。ともに笑い、ともに涙を流した友がいました。一生に一度しかない高校生活を、この双葉高校で、人数は少ないですが最高の仲間たちとともに過ごすことができたこと、私たちはずっと忘れません。お互いに支え合い、競い合ってきた仲間がいたからこそ、今日、そろって晴れの日を迎えることができたのだと思っています。

 在校生のみなさん、困難な状況の中で、私たちとともに双葉高校に通うことを決意してくれたことを誇りに思います。平成27年度より生徒募集は停止する、と県教育委員会よりの発表がありました。今後、双葉高校は単独校としての存続は難しくなりました。でも周りにはかけがえのない仲間がいます。支えてくださる先生方がいらっしゃいます。仲間たちとの絆を深め、毎日を大切に過ごしてください。応援しています。

 私たちはこれから自分たちが選んだ道を進んでいきます。この双葉高校で培った質実剛健、終始一貫の精神を胸に、堂々と社会の荒波に立ち向かっていく覚悟です。人として、また双葉高校の卒業生として恥ずかしくない人生を一歩一歩確実に歩んでいく覚悟です。

最後になりましたが、本日、私たちの卒業式にご臨席くださいました来賓のみなさま、3年間、時には厳しく、時には温かく、情熱的にご指導くださいました校長先生はじめ諸先生方、本当にありがとうございました。私たちの進路希望実現のため、校長先生自ら面接指導をしてくださいました。本当にありがとうございます。私たちのわがままを温かく見守り支えてくれた両親と家族。そして私たちを受け入れてくださったいわき明星大学と地域のみなさまに感謝申し上げ、別れのことばといたします。ありがとうございました。さようなら。
by saitoru1960 | 2014-03-01 18:56 | いろいろ

心動かされたことを忘れぬように


by saitoru1960