退学

学則(抄)
第28条
校長及び教員は、教育上必要があると認める時は生徒に懲戒を加えることができる。
懲戒のうち、退学、停学及び訓告の処分は校長が行う。退学は、次の各号の一に該当する生徒に対して行うことができる。
1 性行不良で改善の見込みがないと認められる者
2 学力劣等で成業の見込みがないと認められる者
3 正当な理由がなくて出席常でない者
4 本校の秩序を乱し、その他生徒としての本分に反した者
by saitoru1960 | 2016-02-15 21:47 | いろいろ

心動かされたことを忘れぬように


by saitoru1960