ひげの大将の引退

吉兵衛の大将が引退すると聞いた。一日中の立仕事で腰がやられたということだ。
3月の最後の日まで土曜日には本店の厨房に立つということだったので、ディーパンの闘いを観たあとで列に並ぶ。すると、慶太が3つ持ち帰るところに出くわす。
ソースかつ丼を頼む人はきっと、引退することを知らない人ではないかと思っていた。
映像で観る、昔のカウンターだけの店を教えてくれたのは今中だった。
「きちべえ」とあいつから教えてもらっていたので、ずっと「きちべえ」が店の名だと思い続けていた。
動画で観てみると、カツ丼を作るスピードは昔も今も同じに見える。
待っている間に大将の作る姿を見ているだけで、このカツ丼はうまいはずだ!と味覚センサーは準備過剰な状態になる。こんなに無駄なく動く人の作るカツ丼なのだから、と。
不思議な感覚だけれど、お金を払っているのに食べた後には「ありがとう」と言いたくなる。
あの手技に会えなくなると思うとやはり残念だ。
職人がまた一人消える。
f0013998_18153388.jpg
f0013998_18154485.jpg
f0013998_18155119.jpg
f0013998_1816253.jpg
f0013998_18161297.jpg
f0013998_18222077.jpg
f0013998_18161973.jpg
f0013998_18162889.jpg
f0013998_18163947.jpg

そして、本店といわれる店で。
f0013998_18265194.jpg
f0013998_1827361.jpg
f0013998_18271384.jpg

by saitoru1960 | 2016-02-20 18:21 | いろいろ

心動かされたことを忘れぬように


by saitoru1960