カテゴリ:SVへの道( 81 )

コレステロール値は正直

1月9日の献血結果が届いた。
やはり、という感もあるけれど、あっけなく数値は戻ってくる。
秋募集で目の前から希望が消えたことで自分自身の緊張感がなくなったのだろう。
反動は大きい。
2015年
8月:235
11月:254
12月:246
2016年
2月:262#
6月:226
7月:228
9月:241
10月:250
12月:257
そして、1月:275#
さて・・・・。


by saitoru1960 | 2017-01-12 05:29 | SVへの道

現状への不安

英語のスコアがレベルBには10点足らないことで、GTECかTOEICのテストを受けなければならない。
1月4日から再び早朝の英語学習を開始する。
新しく購入したTOEICのリーディング対策本を手がかりに、でる単スピードマスターも本棚から引っ張り出し、ウオークマン用音源もWEB上で入れ直した。
朝の1時間だけでは追いつかないかもしれないので、英文を読むことに慣れ、単語を覚える作業にエネルギーを注がなければならない。
TOEICの申し込み締め切りになる2月末までにGTECのテストを受ける計画だけれど、もしそこで点数をクリアできたとしてもせっかくなので4月のTOEICを受けてみてもいいかなと思っている。
2月にはシニア短期のミヤンマー体育が出て来る予定で、再び応募者がないということも可能性は高い。
体育に「レベルB」を求めることで高いハードルになり応募者が出てこないのであれば、それをどうとらえるか。
相手国、もしくはアドバイスしている現地の日本人が、一番求めているものは何なのかきちんと見極められないと、現場で必要としている声に応えることはできない。
そこに気づいて、追加の4月以降の春募集で「レベルC」に変更になっていたら、それはそれでOKになるのだと思う。
その時までには「B」に合わせた準備とスコアがクリア済みとなることが必要条件になるのだから。

それとは全く違う不安材料がでてきた。左膝の塩梅がどうも気になる。
7日の須磨海岸往復の日も夜左腰の辺りがひどく痛み、キロ5分少しのペースで藤井や前田と走ったのが原因ではない気がしている。
半年以上ストレッチを続けてもなかなか柔軟性が向上してこないことも思うような進展ではなく、57歳になる身体には少しずつ老化の影響がでてきているのだろうか。
なんとか間に合わせなくては。


by saitoru1960 | 2017-01-09 05:28 | SVへの道

ここまで

去年の6月にTOEICの試験が終わってから、身体づくりにシフトしたつもりでここまで来ていた。
手帳に残っている記録をまとめてみると、トレーニングをした日数は、
6月(26日~)、4日
7月、18日
8月、3日
9月、15日
10月、14日
11月、18日
12月、9日、となっている。
時間をかけているけれど、右の内転筋がなかなか柔らかくなってくれない。

記録している月別最低体重も、
6月、77.4kg
7月、77.0kg
8月、なし
9月、78.3kg
10月、78.3kg
11月、78.2kg
12月、80.7kg。
間食や、アルコールの摂取量も去年の夏よりは増加しているのは事実だ。
献血でのコレステロール値も次第に上がってきて、12月初めの値では上限にあとわずか、というところまで戻ってきていた。
奮起するしかない。

TOEICの受験は、4月9日(日)。申込は2月28日が締切日。
GTECの受験をTOEIC申込日までに行い、スコアがクリアできるかどうかが問題となる。
GTECの問題数が少ないのがどう影響するのか、問題集もないので一度受けてみないといけないか。


by saitoru1960 | 2017-01-06 05:27 | SVへの道

GTECの勉強もTOEICの問題集で

4月のTOEICの結果発送予定日は5月9日で締め切り後になる。
去年の結果発表を見てみるとWeb上での知らせは1週間前に届いている。
GTECの模擬テストをやってみても、この先どう勉強していけばいいか見通しが立たないので、とりあえずTOEICの長文問題をとき始めようかと問題集を購入した。

GTECのLRテストは次の内容。
●リスニング●(合計11分で27問)
Part A 写真+質問                     
Part B 質問文を聞いて、3つのうちから1つ正解を選ぶ(会話) 
Part C 質問文を聞いて、問題文を読み4つの中から正解を1つ選ぶ
●リーディング●
Part A (  )埋め (語彙)                
Part B 短文 → 質問に答える
Part C 長文 → 1問に質問3つで2問

TOEIC  120分で200問 5565円

GTEC-LR 自宅受験1回 2,160円(消費税等込)
GTEC-LR 自宅受験3回 5,140円(消費税等込)

GTECの受験とTOEICの受験両方を考えながらとりあえずは準備を進めよう。
f0013998_05270721.jpg

by saitoru1960 | 2017-01-04 05:26 | SVへの道

GTECへ

大晦日、アマゾンで頼んだGTECの問題集が届く。
紙ではなく、画面上で英文を読まなくてはいけないところがちょっと馴染みにくいが、TOEICと似ているといえば似ている。
単語問題集の鉛筆での書き込みを全て消しゴムで消し、再び英語勉強モードを作っていかなければならない。
挑戦することを決意するとエナジーは発生してくるはず。そこに価値をおきたい。
f0013998_05254847.jpg

by saitoru1960 | 2017-01-02 05:25 | SVへの道

JOCVに流れる

「陸上はJOCVに変更し、体力トレーニングコーチはSVの要請に。第○回短期と春の両方。長期の方は追加で提出する予定」とK情報が入ってくる。
やはり安倍晋三とアウンサンスーチーの調印式の影響は出たことになるのだろうが、予想以上に動きが速い。
3回目のシニア短期で出ていたものがそのまま流れ、4回目で12月までつなぎ、その後来年1月から長期のSでという計画になるのだろう。
となると、やはり英語レベルは「B」になる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
国名 ミャンマー
職種コード 職種 G161 体育
活動形態 個別  派遣希望期間 短期 8ヵ月 派遣希望時期 2017年5月から
【配属先概要】
1)受入省庁名(日本語) 保健スポーツ省
2)配属先名(日本語)  スポーツ体育研究所
3)任地( ヤンゴン )   JICA事務所の所在地( ヤンゴン )
  任地からJICA事務所までの交通手段、所要時間( 車 で 約 0.5 時間 )
4)配属先の規模・事業内容
配属先は、エリート選手や指導者の育成、そして、スポーツの研究を目的に1992年に設立された。
数週間から数ヶ月のコースや、研究事業の他、11~17歳の生徒が通常の中等教育の勉学に励みながら25種目にわたるスポーツの技術を研鑽する課程がある。
同課程では、各地から集まった500人以上の生徒が、全寮制のもと、共同生活を送っている。
競技のトレーニングは主に早朝および夕方に実施されている。
学科教員数22名、各種競技のコーチ48名、その他職員140名所属している。
2016年にJICA短期SVが基礎トレーニングを指導している。また、中国人コーチが水泳、体操、ウーシュー(中国武術)を指導している。

【要請概要】
1)要請理由・背景
同研究所は、ミャンマーのスポーツ分野における研究・育成機関としての位置づけにあるが、最新の知識や経験を持った指導者が不足しており、証明された理論に基づいたトレーニング方法が浸透していない。
また対象の生徒についてもビギナーレベルの生徒がほとんどであり、保健スポーツ省を中心に長期的な選手育成を目指し、環境を整えている状況である。
各種目のトレーニングは、それぞれの技術的な練習以外にも、週に2回、5:30~7:00、15:00~17:00の基礎トレーニングを月曜日から土曜日まで行っている。
各種目にはコーチがいるが、トレーニングルームにおいて効果的な基本トレーニングを行う指導者がいない。
ボランティアにはトレーニングルームの専属コーチとして、各種目のコーチや生徒に効果的なトレーニング方法を指導することが求められている。

2)予定されている活動内容(最終的な活動内容は、赴任後に配属先と協議し決定します)
1.各種目のコーチや生徒に対して、適切な筋力トレーニング方法を指導する。
2.機材の適切な活用法を指導する。
3.生徒に対し、各種種目や年齢に応じたトレーニング計画へのアドバイスや指導も求められる。
※首都ネピドーにある強化キャンプの要請に応じ、短期間の指導に対応する可能性もある。

3)ボランティアが使用する機材の機種名・型式、設備等
トレーニングルーム(3部屋)、基本的なトレーニングマシン(KOICAによって機材供与されたものあり)

4)配属先同僚及び活動対象者
生徒666名(男性306名女性271名)11歳から17歳 多くは特別な経験や技術がないビギナーレベルの生徒である。

5)活動使用言語 英語

6)生活使用言語 ミャンマー語

7)選考指定言語 英語(レベル:B)

【資格条件】
◇条件及びその理由(カッコ内が空欄の場合は、当該条件は不要または不問です)
[免許]:(    )
[性別]:(    ) 理由:
[学歴]:(    ) 理由:
[経験]:(指導経験)5年以上 理由:各種目のコーチに指導する
その他
・トレーニング関連資格保有が望ましい
・海外業務経験1年以上または国際協力業務経験 6か月以上

活動上の単車/自転車の必要性 不要
現職教員特別参加制度 ×

【地域概況】
[気候]:(熱帯モンスーン気候) 気温:(17.5~37.0℃位)
[通信]:(インターネット可  電話可)
[電気]:(安定)
[水道]:(安定)

【特記事項】
派遣期間は5月下旬から8ケ月間。

f0013998_05242381.jpg

by saitoru1960 | 2016-12-26 05:23 | SVへの道

Kとの再会。そして。

特別派遣制度15周年記念シンポジウムがJICA関西で開かれた。
全国からやってくる現職の先生たちにOBとして話してくれる人を急募していると連絡が来たので参加してきた。
春募集で見ていたスリランカ「体育」の人もいて楽しく話ができた。
25年ぶりの再会だったけれどKとは昔と同じように話していた。
お互い姿に加齢の影響は出ているけれど、たった3カ月の共同生活をしただけの仲間。
本当に宝物だと思う。
Kは、春募集の要請が先週締め切りだったんだけど、となんだかすまなそうにファイルを一つ差し出してきた。
ミクロネシア「体育」。
ミヤンマーから出てきてないんだよねえ、といいながら、「ミクロネシアもいいよお」と話してくれた。
よくよく見ると、春募集で流れたもので、英語レベルBとなっている。
11月のミャンマー短期シニアもレベルBになっていて、Bに10点足らなくてもなんとかなるやろ、と思っていたのでKに聞いてみると、「取っておいた方がいいよお」といわれる。
ミャンマーから案件が1つも届いていないということなので、遅れて出てくる可能性はあるとして、「陸上競技」がレベルBで出てくる可能性もある。
スポーツなどにBがいるかいならないかという問題は別問題としてKとは相馬ジーのことを例に話したりもしたけれど、相手から条件として出されたならば、合格できるようにしておく必要はある。
調べると、TOEICは3月の受験日が高校入試の日で不可能。
4月のものは結果発表が締め切りに間に合いそうにないので×。
GTECに手を出すしかないかと本屋に行っても問題集はなし。
さて・・。


by saitoru1960 | 2016-12-25 05:22 | SVへの道

春募集の「陸上」

2016年の秋募集で「陸上」の要請はゼロ。
春募集の頃はスリランカ「体育」ばかり気にしていたので、「陸上」の要請国と内容を全くチェックしていなかった。
改めてパンフを見てみると、「陸上」は南米ウルグアイからの要請だけであった。
内容は以下の通り。

市民の間でマラソンの人気が高まっている同国の陸上連合会で、競技レベルや年齢に応じた質の高い練習メニューの導入・実践を通し、競技レベルの向上、競技者の育成・強化を図り、同国におけるマラソン競技の普及・振興に貢献する。(新規、2年、2016年3次隊、4次隊)

結果、要請数「1」・ウルグアイ-1次受験者数「3」-1次合格者数「1」-2次合格者数「0」。
この、1次合格者「1」が2次で「0」となっているのが気になって仕方ない。


by saitoru1960 | 2016-12-10 05:21 | SVへの道

2106秋募集1次選考結果

f0013998_05210639.jpg



by saitoru1960 | 2016-12-07 05:20 | SVへの道

2016秋募集の応募状況

秋募集の応募状況が出た。モンゴルのトレーナー「体育」には応募がなかった。
ミャンマーから追加で出た作業療法士にも応募者はゼロ。
でも、他の種目には多数応募しているものもあり、次の春はどのような展開が待っているかわからない。
いくらKが情報をくれたからといってアドバンテージがあるわけでもない。
f0013998_05201217.jpg

by saitoru1960 | 2016-11-23 05:19 | SVへの道

心動かされたことを忘れぬように


by saitoru1960
プロフィールを見る