カテゴリ:旅( 58 )

旅はまだ終わらない

帰国。
予定通りいかないこともあったが、必要な部分は全て押さえることはできた。

松井くんが「英語表現」や「コミュニケーション英語」の授業で「マレー語表現」や「コミュニケーションマレー語」を盛り込んでくれたこともあり、出発前から廊下で「スラマト・トゥングハリ」、「テリマカシ」などと口にする生徒も多くいて、伊川谷の時よりもかなり準備段階でのレベルは高かった。

国際協力コース。
吉田隊員と大学生たちとの様子を見ながら、彼女が学生たちと一緒に過ごしてきた時間の意味を感じていた。
なにげない言葉のやり取りや、目線を交わしながら心のキャッチボールをしてきた時間の積み重ね。
彼女が到着した頃であれば、こうはいかなかっただろう。
やはり他人との関係を築いていくには時間が必要だということだ。

午前のMJIIでは学生との交流(学生があまり日本語を話すことはできなかった)がメインだったので、高校生たちにはウオーミングアップになり、結果的に午後のMJIITへのいい流れになった。
吉田隊員の英語での授業をマレー学生と一緒に聞きながら高校生たちもうなづき、ワークショップでは次第にお互いが顔を近づけて言葉のやり取りをする姿が出てきた。
「マレー学生が日本語をより習得するためにできること」を高校生たちがアドバイスする形にした、プチ協力隊体験。
アドバイスをする形を取りながらも、では自分たちは・・、ときっと振り返ることが出てくるはずだ。
予想していたよりずっと濃いいい時間が過ぎていた。
今後、時間が経ってその熟成がどう進むか、そして協力隊員の活動がどう認識されるのか、楽しみなところである。

最終日、空港で集合している生徒たちの表情を見ていると、単に物見遊山の旅で終わっていない感じを受けた。
強烈な刺激に心を揺さぶられ、揺れた心が元に戻った状態。経験がプラスされた結果、今までの自分から1つ進化している、そんな普通の表情だった。

帰国後も続く自分の協力隊活動。
55歳。この学年が卒業した後、学年団に入るかどうかわからない。

関空に近づく飛行機の上から、朝陽がもれ輝く雲海を眺めながら、頭の中に中島みゆきの「ヘッドライト・テールライト」が流れていた。
今までのことがグルグル混ざり合い、自然に目に涙がにじんできた。

「旅はまだ終わらない・・」

f0013998_12564231.jpg

by saitoru1960 | 2015-11-29 11:43 |
f0013998_1212937.jpg
f0013998_1215267.jpg
f0013998_1221227.jpg
f0013998_1222641.jpg
f0013998_1224594.jpg
f0013998_1231014.jpg

by saitoru1960 | 2015-11-28 20:13 |
f0013998_11544556.jpg
f0013998_12404919.jpg
f0013998_11545740.jpg
f0013998_1155732.jpg
f0013998_12413347.jpg
f0013998_12422556.jpg
f0013998_12431211.jpg
f0013998_12441187.jpg
f0013998_11552374.jpg
f0013998_11553253.jpg
f0013998_11555671.jpg
f0013998_1156525.jpg
f0013998_11561544.jpg
f0013998_1156284.jpg
f0013998_11564183.jpg
f0013998_11564882.jpg
f0013998_11565819.jpg
f0013998_1157754.jpg
f0013998_11571692.jpg
f0013998_11572786.jpg
f0013998_1157372.jpg
f0013998_11574840.jpg
f0013998_1158015.jpg
f0013998_1245436.jpg
f0013998_11581247.jpg
f0013998_11582131.jpg
f0013998_11583037.jpg
f0013998_11585249.jpg
f0013998_1159832.jpg
f0013998_12465855.jpg
f0013998_11592636.jpg
f0013998_11593888.jpg
f0013998_11595433.jpg

by saitoru1960 | 2015-11-28 20:05 |
f0013998_11512032.jpg
f0013998_12361438.jpg
f0013998_11513873.jpg
f0013998_11515275.jpg
f0013998_1152388.jpg
f0013998_11521255.jpg
f0013998_1235161.jpg
f0013998_11524330.jpg
f0013998_12374211.jpg
f0013998_12381869.jpg
f0013998_12382761.jpg
f0013998_11525481.jpg
f0013998_12392113.jpg
f0013998_12392921.jpg
f0013998_12393851.jpg
f0013998_11531455.jpg

by saitoru1960 | 2015-11-28 20:00 |
f0013998_18432068.jpg
f0013998_18433319.jpg
f0013998_18434963.jpg
f0013998_1844373.jpg
f0013998_18441489.jpg
f0013998_12832.jpg
f0013998_18442943.jpg
f0013998_18444087.jpg
f0013998_1292087.jpg
f0013998_18452975.jpg
f0013998_18455045.jpg
f0013998_184628.jpg
f0013998_11444568.jpg
f0013998_18462666.jpg
f0013998_11441812.jpg
f0013998_11462128.jpg
f0013998_11463076.jpg
f0013998_1145993.jpg
f0013998_12305741.jpg
f0013998_11464834.jpg
f0013998_1147194.jpg
f0013998_11471671.jpg
f0013998_11472652.jpg
f0013998_1229173.jpg
f0013998_11474751.jpg
f0013998_12321048.jpg
f0013998_11484928.jpg
f0013998_1148725.jpg
f0013998_11481926.jpg
f0013998_11491531.jpg
f0013998_11493467.jpg
f0013998_123312.jpg

by saitoru1960 | 2015-11-28 18:47 |
f0013998_18402855.jpg
f0013998_18403873.jpg
f0013998_18404747.jpg
f0013998_18405676.jpg
f0013998_1841581.jpg
f0013998_18411339.jpg
f0013998_18412257.jpg
f0013998_126990.jpg
f0013998_1262057.jpg
f0013998_18413241.jpg
f0013998_18414592.jpg

by saitoru1960 | 2015-11-28 18:41 |

天王寺と四天王寺

近畿ユースで天王寺のグリンヒルホテルに泊まる。
通天閣も見え、天王寺公園もあった。
感が働いて、人がぞろぞろ歩いてくる方向へ歩いてゆくと、四天王寺があった。
お寺であるのに、鳥居が入り口にあり、参拝の人たちは皆信心深い人たちだった。
f0013998_18232585.jpg
f0013998_18233575.jpg
f0013998_18234647.jpg
高野槙(こうやまき)というのが売られている。たこ焼き屋の兄ちゃんに聞いてみると、仏壇や、お墓の供花として使われるということだった。
f0013998_182359100.jpg
f0013998_18254795.jpg
f0013998_1826016.jpg
懐かしいスマートボール。
f0013998_18262155.jpg
f0013998_18263350.jpg
f0013998_18264441.jpg
f0013998_18265295.jpg
f0013998_1827368.jpg
f0013998_18271285.jpg
f0013998_18272376.jpg
f0013998_18273366.jpg
f0013998_18274525.jpg
f0013998_18275864.jpg
珍しい奈良漬やさん。
f0013998_1828943.jpg
f0013998_18283453.jpg
f0013998_18284525.jpg
f0013998_1830292.jpg
f0013998_18291268.jpg
そして、あべのハルカス。
f0013998_18293295.jpg

by saitoru1960 | 2014-09-22 18:29 |
f0013998_21413233.jpg
f0013998_2141406.jpg
f0013998_21414765.jpg
f0013998_21415576.jpg
f0013998_2142374.jpg

by saitoru1960 | 2014-09-01 21:41 |
f0013998_21312899.jpg
f0013998_21313818.jpg
f0013998_21311661.jpg
f0013998_21312660.jpg
f0013998_21315184.jpg
f0013998_21311829.jpg
f0013998_21312645.jpg
f0013998_21324588.jpg
f0013998_21325359.jpg
f0013998_2132351.jpg
f0013998_2133031.jpg
f0013998_2133958.jpg
f0013998_21334915.jpg
f0013998_21335842.jpg
f0013998_21331083.jpg
f0013998_21331631.jpg
f0013998_21332612.jpg
f0013998_21333599.jpg
f0013998_21334636.jpg
f0013998_2134034.jpg
f0013998_21345267.jpg
f0013998_2134257.jpg
f0013998_213598.jpg
f0013998_21345897.jpg
f0013998_21351336.jpg
f0013998_2136412.jpg
f0013998_21363322.jpg
f0013998_2136291.jpg
f0013998_21365380.jpg
f0013998_2137542.jpg
f0013998_2137174.jpg
f0013998_21371125.jpg
f0013998_21372780.jpg
f0013998_21381439.jpg
f0013998_213861.jpg
f0013998_21382117.jpg
f0013998_21382279.jpg
f0013998_21383456.jpg
f0013998_2138550.jpg
f0013998_21391427.jpg

by saitoru1960 | 2014-08-30 21:30 |
f0013998_21175482.jpg
f0013998_2118133.jpg
f0013998_21184826.jpg
f0013998_21193074.jpg
f0013998_2119379.jpg
f0013998_2119411.jpg
f0013998_21194375.jpg
f0013998_21195151.jpg
f0013998_21195375.jpg
f0013998_21204714.jpg
f0013998_946597.jpg
f0013998_13345543.jpg
f0013998_21203930.jpg
f0013998_2120936.jpg
f0013998_21213240.jpg
f0013998_21213415.jpg
f0013998_21214342.jpg
f0013998_21211469.jpg
f0013998_2122764.jpg
f0013998_21223532.jpg
f0013998_21231532.jpg
f0013998_21232982.jpg
f0013998_21224728.jpg
f0013998_2124063.jpg
f0013998_2124876.jpg
f0013998_21241872.jpg
f0013998_21245985.jpg
f0013998_21245836.jpg
f0013998_21252725.jpg
f0013998_21253784.jpg
f0013998_21255253.jpg
f0013998_21251243.jpg
f0013998_2126587.jpg
f0013998_21262848.jpg
f0013998_21265038.jpg
f0013998_2127643.jpg
f0013998_21271611.jpg
f0013998_21272835.jpg
f0013998_21264885.jpg
f0013998_21272412.jpg
f0013998_21292487.jpg
f0013998_21271174.jpg
f0013998_21281692.jpg

by saitoru1960 | 2014-08-29 21:16 |

心動かされたことを忘れぬように


by saitoru1960