カテゴリ:協力隊( 18 )

途上国における障害者スポーツ

モルディブ時代の陸上競技クラブの教え子マスードが今、44歳になり、モルディブ障害者スポーツ協会でボランティアをしている。マスードの活動を知ったのは、フェイスブックに彼が載せていた視力障害者がロードレースに参加している写真だった。
f0013998_15541120.jpg
<右端がマスード、左から2番目がランナー。サポートしたランナーは右から2番目の女の子>

途上国での「スポーツ」への取り組みではなく、途上国での「障害者スポーツ」への取り組みは、1964年が「東京オリンピック」で2020年は「東京オリンピック・パラリンピック」と銘打つように、「世界とスポーツ」を考える上ではまさにこれからの多(異)文化共生時代の課題の一つになるのかもしれない。
私が青年海外協力隊員としてモルディブで活動していた1989年、神戸で開催されたフェスピック大会(アジアパラ競技大会の前身)にモルディブから障害をもつ卓球選手1名が参加したことがあった。代表団の1人として、協力隊の事務所で働いていた、日本語を少しだけ理解できる現役のモルディブ卓球選手が選考され、神戸に引率していく役目を果たしたのだった。しかしながら、当時(1988~1990)モルディブにおいて障害者が人の目に触れ堂々とスポーツする姿を私は見た記憶がない。
帰国して27年の月日が流れた。
途上国における障害者スポーツがどのように進展していったのかマスードにまだ詳しく聞けてはいないが、遠い異国から教えにやって来た日本人と一緒に陸上競技を経験したことで、スポーツの持つ力を体感し、それが他者に働きかけることへの意欲に繋がってくれたのであれば嬉しい限りである。
モルディブは1200もの島で一国を形成している島嶼国である。国土の総面積は淡路島の半分程度しかない。1200の中には、ヤシの木一本だけが生えているような島も含まれていて、そのうち200の島に人が住んでいると言われている。
発展途上国でのスポーツを考える際には保健衛生状態を考慮しない訳にはいかない。また、保健衛生状態と密接に関係する戸籍の存在さえも明確ではないことが途上国では起こり得ることも忘れてはならない。
1989年、クウェートで開催されるイスラミックオリンピック大会(イスラム教国のオリンピック)に初めてモルディブ代表選手として選考されたサイードは、初めて国外に出るためパスポートを作ることになった。自分の生年月日をわざわざ生れ故郷の島に確認しに行き帰ってくると、彼の本当の年齢が18歳から16歳に下がり、髭の生えている風貌とパスポート上の年齢の大きな違いに驚愕したことがあった。よくよく聞いてみると、地方の島では生まれてもすぐに死んでしまう子供が多いので、戸籍なるものは存在せず、このまま生きながらえることができるな、となった頃に、何年前に生まれたあの子だな、となり、島の係の人が何かに記すのだという説明だった。
小さな島の集合体として成り立っている国モルディブにおいて、もう一つ気になったのは「血」の問題であった。
「モヤミーフン」というモルディブ語を覚えたのは活動し始めてすぐの頃だった。
「モヤ」は異常な、狂った、というような意味で、「ミーフン」は人である。
夕方4時からの陸上クラブの練習時間になると、選手たちがちょっと声を低めにして「モヤ」と呼ぶ、近所に住むアハメドがしばしばやって来た。年齢は10歳から13歳くらいであった。
アハメドがくる時はいつも水浴びをした後で、きちんとアイロンのあてられたシャツを着て、髪の毛にもきちんと櫛の目が入っていた。そして、いつもニカッと白い歯を見せ、なにかブツブツ言いながら陸上クラブの選手たちが練習する横にぶらぶらとやって来るのだった。ストップウオッチでタイムを計る私の近くに来ては、ストップウオッチを珍しそうに触るので、使っていないストップウオッチを手渡すと、嬉しそうにボタンを押し大きく口を開けまたニカッと白い歯を見せていた。
当時は総人口20万人のうち4分の1の5万人が周囲5㎞しかない首都島マーレに住んでいた。一方で地方の小さな島では一生その島から出ずに過ごす人々もいる。
単純に残りの15万人が首都以外の199の島に別れ住んでいるとすると、1島に750人という数字となる。何代かさかのぼると近親者ということが十分考えられ、近親婚から生まれる子供が障害者である高確率も簡単に想像がつくところである。
また、乳児死亡率はその国の平均寿命に直結している。
1988年と2014年でモルディブのそれを比較してみるとこの四半世紀におけるこの国の充実ぶりは一目瞭然である。
乳児死亡率 1988年 74.4人   2014年 7.8人 (出生1000人あたりの死亡数)
平均寿命  1988年 59.77歳  2014年 76.77歳
障害をもたなくても生きながらえるかどうか不透明な途上国において、障害を持って生まれた子供の行く末は想像に難くない。
乳児死亡率が下がることで上昇する平均寿命。平均寿命の伸びることが障害者のスポーツ参画に結びつくのであれば、やはりスポーツは恵まれた国の人々だけが享受できるものなのだろう。

今年2月、マスードが私に依頼してきたことは、ブラインドサッカー用のボールの入手であった。連絡を受けて探し始めると、日本でもブラインドサッカー協会のサイトでしか購入できない貴重なボールであった。しかしながら、ずっと売り切れ状態が続いていたため、ボールが手に入るまでにマスードの最初の連絡から4カ月の時間が過ぎてしまっていた。
「まだブラインドサッカーをする選手はいないけれど、2020年の東京パラリンピックに出られたらいいな」と話すマスード.。
ようやく届いたデンマーク製のブラインドサッカーボールを初めて手にしてみると、皮の感触、音の鳴り方など初めての感覚であった。せっかくなので、高校2年生の保健の授業でボールを触らせ、レタリングの上手な生徒に「Don’t think ! Feel !!」とモルディブのブラインドアスリートにメッセージを書かせた。
私がモルディブを離れた1990年、17歳だったマスード。
日本の17歳が送ったメッセージを目の不自由なアスリート達に彼はどう伝えるのか聞いてみたい。

f0013998_17322354.jpg
「Don’t think ! Feel ! !」

by saitoru1960 | 2017-06-25 07:23 | 協力隊

風の人 土の人

「地域ではたらく「風の人」という新しい選択」 
作者: 田中輝美,藤代裕之,法政大学藤代裕之研究室
出版社/ ハーベスト出版 発売日: 2015/08/11

「風の人」
その地域に「定住」しない人
その地域の外からやってくる人
その地域に新しい視点をもたらす人

「土の人」
その地域に「定住」する人
その地域の地元の人
その地域を支え、受け継いでゆく人
3つの原則

①主役はあくまでも「現地の人」。決定権は協力隊にはない
地域活性化における主役は「土の人」、「現地の人」。決定権は「現地の人」にある。
「風の人」と「土の人」には、明確な境界線があり絶対に越えられない。
一線を越えると現地の人と衝突が起き、本当は必要のない支援をしてしまう可能性も高くなる。「支援」ではなく「介入」になることがある。

②協力隊は、風のようにフットワーク軽く行動を起こすこと
「土の人」に代わって、どんどん動くこと。
2年で目に見える成果を出すことは誰でもできることではない。ただ、成果を出そうとチャレンジする「姿勢」は、どんな人であっても見せることができる。
やるか・やらないか迷ったら気軽に身軽に行動を起こすことが大切。

③自分の考えを信じて、「風」という名の変化の「きっかけ」になる
「風の人」である協力隊の価値は、新しい風を吹かすことができること。
その「風」は、協力隊の1人ひとりが持つ、「土の人」にはない独自の視点やアイデア。


by saitoru1960 | 2017-06-14 05:12 | 協力隊

「クロスロード」を観にJICA関西へ

f0013998_1713047.jpg
f0013998_1714193.jpg
f0013998_1715053.jpg
f0013998_1715920.jpg
f0013998_172932.jpg

観終わった後、シニアの「なんにも面白くなかった」というセリフが面白かった。
所詮、成功し終えた人生を持つ人たちのシニアボランティアと、まだ自分が何ができるかもわからない青年海外協力隊とでは、バックボーンが違うのだ。
エンドロールでいろんな時代の活動写真がスライドする中流れる中島みゆきの「ヘッドライト・テールライト」の歌詞が心にしみ入り涙が出てきた。

「ヘッドライト・テールライト」 中島みゆき

語り継ぐ人もなく 吹きすさぶ風の中へ
紛れ散らばる星の名は 忘れられても
ヘッドライト・テールライト 旅はまだ終わらない
ヘッドライト・テールライト 旅はまだ終わらない
 
足跡は 降る雨と 降る時の中へ消えて
称える歌は 英雄のために過ぎても
ヘッドライト・テールライト 旅はまだ終わらない
ヘッドライト・テールライト 旅はまだ終わらない

行く先を照らすのは まだ咲かぬ見果てぬ夢
遥か後ろを照らすのは あどけない夢
ヘッドライト・テールライト 旅はまだ終わらない
ヘッドライト・テールライト 旅はまだ終わらない

ヘッドライト・テールライト 旅はまだ終わらない
ヘッドライト・テールライト 旅はまだ終わらない
by saitoru1960 | 2015-11-22 17:02 | 協力隊

ジャーマンビアフェスタ

兼さん、原田くん夫妻と神戸駅で待ち合わせる。
去年のインディアンメーラーの時は、手頃なビールもあったのに、独逸は500ccで1400円もとった。
美味しいのは美味しいのだけれど、500ccで1400円って高すぎる。
f0013998_214348.jpg
f0013998_2145730.jpg
兼さんも森本さんもこっそりチーズやサラミを持ってきていて、なんだか似た者同士なのかもしれないと思った。
落語や演劇にも同じように興味があり、なおかつ二人とも医療従事者。面白い。
f0013998_2165858.jpg
f0013998_2171469.jpg

お土産に生まれて初めて元町通りにある本高砂屋のきんつばを購入。
なんとも上品な味で美味しかった。
f0013998_21132489.jpg
f0013998_21133886.jpg
f0013998_2119638.jpg

by saitoru1960 | 2014-05-05 21:07 | 協力隊

四半世紀の会

f0013998_20205061.jpg
f0013998_20212962.jpg
f0013998_20211997.jpg
f0013998_20215114.jpg
f0013998_20221248.jpg
f0013998_20223087.jpg
f0013998_20225058.jpg
f0013998_20231743.jpg
f0013998_20233420.jpg
f0013998_20235163.jpg
f0013998_2024926.jpg
f0013998_20243116.jpg
f0013998_20244664.jpg
f0013998_20245953.jpg
f0013998_20251497.jpg
f0013998_20252552.jpg
f0013998_2026046.jpg
f0013998_20261496.jpg
f0013998_20263127.jpg
f0013998_20265980.jpg
f0013998_20272642.jpg
f0013998_2027408.jpg
f0013998_2028692.jpg
f0013998_20282271.jpg
f0013998_20285329.jpg
f0013998_20291026.jpg
f0013998_20292722.jpg
f0013998_20335794.jpg

by saitoru1960 | 2013-08-10 20:19 | 協力隊

宮崎の春が届く

f0013998_2117412.jpg
栄一のお父さんから野菜が届く。白菜、キャベツ、人参、ネギ、落花生、トマト。
児湯の農地を思い出す。
by saitoru1960 | 2012-03-20 21:17 | 協力隊

マーレの今

f0013998_2220123.jpg

昔のマーレのサイズは線の北側のみ。一周は5km。
f0013998_2124046.jpg

ヘンベールの練習場所。今はコンクリートに舗装されスパイクを履いて走ることはできない。
by saitoru1960 | 2011-04-17 22:21 | 協力隊

栄一の七回忌

7時前に走り出た。海を目指そうとしたが少し距離がありそうだったので、とりあえず川南の方向へと走り始めた。
先週から痛みだしたアキレス腱の状態はあまり変化なく、スピードは上がらなかった。
前夜、3人で食べた辛ラーメンの店に行く手前で、右に曲がり、朝日を目指していくとまぶしい日光が正面から照らしてくれ、「栄一、きれいやなあ」と声に出した。
宮崎県家畜改良事業団の敷地には親牛として宮崎牛の供給に寄与していた何頭かの牛のブロンズ像が立っていた。
口蹄疫に騒いだ2010年。
畜産家の時間はまだ以前のように動きはじめているとはいえない。
f0013998_23283328.jpg
f0013998_23282259.jpg
f0013998_2328027.jpg
f0013998_23275211.jpg
f0013998_23274419.jpg
f0013998_23273420.jpg
f0013998_23251717.jpg
f0013998_2325972.jpg
f0013998_232512.jpg
f0013998_23245269.jpg
f0013998_23244332.jpg
f0013998_23243229.jpg
f0013998_23242427.jpg
f0013998_23241617.jpg
f0013998_2324610.jpg
f0013998_23235796.jpg
f0013998_23234796.jpg
f0013998_2323391.jpg
f0013998_23233162.jpg
f0013998_23232256.jpg
f0013998_23231213.jpg
f0013998_2323084.jpg
f0013998_23225022.jpg
f0013998_23224013.jpg
f0013998_23222935.jpg
]
by saitoru1960 | 2011-01-25 23:25 | 協力隊

栄一のお父さんから届いたもの

f0013998_5471414.jpg

これにミカンも入っていた段ボールが川南から届いた。
口蹄疫でのお見舞いを久保木さんが取りまとめて送ってくれたお礼なのかなと、白菜のおひたしを美味しくいただいた。
落花生もおいしい味がして、川南の復興をあらためて感じることができた。
不安がなくなるまでにはまだまだ時間がかかるだろうけど。
by saitoru1960 | 2010-12-21 05:51 | 協力隊

モルディブの陸上競技

f0013998_211988.jpg
竹原が県選で1年ぶりにやってきた。
「火曜日に協力隊の2次試験を受けるんですよ」
「陸上競技でモルディブです」
人生には巡りあわせというものが必ずあると思う。
やはり20年前の自分を重ねてしまう。
合格して、駒ヶ根に行って、訓練所でたくさんの友人に出会って・・・。
そしてモルディブでの2年の時間。
うらやましいような、懐かしいような、不思議な気分。
竹原、明日に向かって走れ。
f0013998_210456.jpg
f0013998_2101987.jpg

by saitoru1960 | 2009-07-13 21:01 | 協力隊

心動かされたことを忘れぬように


by saitoru1960
プロフィールを見る