カテゴリ:いろいろ( 275 )

TOEIC

生まれて初めてTOEICを受験。
3月下旬から、5時前に起きて6時まで1時間。1日も休まずに問題集と単語集を相手に学習する日々を送った。
久しぶりに脳を回転させる活動をするといろんなことが起こってきた。
急に高3の「シケタン」の単語を思い出したりもした。
6月26日受けた結果が昨日届いた。
500点を最低ノルマとし、あわよくば640点を越える、という密かな目標も掲げていた。
でも、試験終了後は、500点が取れてないことはないだろうな、という程度で、何点とれたという実感は全くもてなかった。
結果は、630点。
希望的得点からマイナス10点という数字で、なんとも意味深な結果となった。
ノルマの500点は越えたので、これでもう受験することはないだろう。

630点というのがどの程度のものなのか実感がないので、いろいろ調べてみると以下のようなものが見つかった。とりあえずは英検2級合格か、という程度のようだ。

<メモ>
TOEICスコア600点のレベル

海外に一人で旅行できたり、短い文のやりとりや、相手に質問ができるレベル。多くの企業が最低基準としているスコアになります。転職を考えてる人は必ずクリアーしたいレベルです。

コミュニケーション能力:ゆっくり話してもらえれば、コミュニケーションがとれるレベル
英検との比較:英検2級レベル
必要単語数:4000〜5000単語が目安
企業での評価:中途採用での基準(600点以上)と同じレベル

f0013998_15561683.jpg

f0013998_15562663.jpg
f0013998_15563536.jpg
f0013998_15564447.jpg
f0013998_15565320.jpg
f0013998_1557236.jpg
f0013998_15571121.jpg
f0013998_15572163.jpg
f0013998_15573087.jpg

by saitoru1960 | 2016-07-20 05:57 | いろいろ

北海道の大きさ、十勝の大きさ

f0013998_16271819.jpg
f0013998_16272893.jpg

by saitoru1960 | 2016-06-05 16:27 | いろいろ

ロンドン市長に初のイスラム教徒 

住民の多様化が後押し

渡辺志帆=ロンドン、伊東和貴2016年5月18日04時59分

 f0013998_933146.jpg英ロンドンで5日にあった市長選で、初めてイスラム教徒の市長が誕生した。パキスタン移民2世の労働党下院議員サディク・カーン氏(45)だ。相次ぐテロの余波で、欧米で反イスラム感情が高まる中での勝利。背景には何があったのか。

 2期8年務めた保守党のボリス・ジョンソン前市長(51)の後任を決める選挙は12人が立候補。事実上、上流階級出身の保守党下院議員ザック・ゴールド
スミス氏(41)と、移民家庭から人権派弁護士になったカーン氏の一騎打ちだった。

 保守党陣営は、カーン氏を「イスラム過激派」になぞらえるネガティブキャンペーンを展開した。

 ゴールドスミス氏は大衆紙に「労働党が勝てば、過激派を正当化する候補を立てる政党に警察行政や対テロ政策をゆだねることになる」と寄稿。記事は過激派による2005年のロンドン同時爆破テロで大破した路線バスの写真とともに掲載された。キャメロン首相も「労働党候補に懸念を抱いている」と、カーン氏が過激派に近いという印象を発信した。

 近年、欧州では過激派組織「イスラム国」(IS)に共鳴するグループによるテロ事件が続発。昨年8月の英YouGov社の世論調査では、3人に1人が「イスラム教徒のロンドン市長」に不快感を示した。米大統領選で「イスラム教徒の入国禁止」を訴える不動産王ドナルド・トランプ氏が共和党の候補者指名を確実にするなど、反イスラム感情の高まりは欧米共通の現象だ。

 だが最終的にはカーン氏が約131万票を獲得。約99万4千票のゴールドスミス氏に圧勝した。投票率は46%で、前回12年を8ポイント上回り、関心の高さを示した。

 なぜカーン氏は勝てたのか。
 背景には、ロンドンという街が培ってきた「多様性」がある。
 これまで、旧植民地や欧州連合(EU)加盟国から多くの移民を受け入れてきた。11年国勢調査によると、人口817万人(当時)のうち約37%が英国外生まれだ。「英国籍の白人」は約45%にとどまる。イスラム教徒も100万人以上で人口の12・4%を占める。

 カーン氏自身が、そんなロンドンの多様性を体現する存在だ。地元のモスク(イスラム教の礼拝所)に通い、戒律に従って酒は飲まない一方、イスラム教が認めない同性婚を支持するリベラルさを併せ持つ。カーン氏は英誌に「私たちはみんな、複合的なアイデンティティーを持つ。信仰は私の一面にすぎない」「私はロンドン市民で英国人、イングランド人、パキスタン系アジア人、父親で夫。(サッカークラブの)リバプールファン、労働党員、そしてイスラム教徒だ」と語った。

 ロンドンでは伝統的に労働党が強いことや、庶民目線の行政手腕が期待された面もある。
 保守党陣営の戦術は、党内からも「市民の分断をあおる」と批判が噴出。ゴールドスミス氏の支持離れを招いた。カーン氏は当選後、「市民が恐怖より希望を、分断より団結を選んだことを誇りに思う」と語った。
 ロンドン大学経済政治学院のトニー・トラバース教授(政治学)は「マイノリティー出身の市長を嫌ってカーン氏に投票しなかった人がいた一方で、ロンドンが民族や信仰に寛容な都市である象徴として、あえて投票した人もいたのではないか。ロンドン市民もテロを懸念しているが、市長を選ぶ判断には影響しなかったということだろう」と分析する。

 日本に住んで十数年になるインド系英国人のヴィアス・ウツパル立命館アジア太平洋大学准教授(国際政治学)は、「移民2世の若者の良い手本となり、外国にルーツを持つ英国人が政財界の要職につく流れを後押しするだろう」と指摘。今回の選挙を日本に置き換えると「移民2世の東京都知事が誕生するようなものだ」と言う。日本でも、そんな日は来るのだろうか。
 ヴィアス氏は「近い将来にはありえない」とみる。「政党が多様な地方議員の擁立に動き、市民も支えることが必要になるが、日本では社会の多様性を深めることが歓迎も推進もされていない。今は女性議員を増やすことの方が優先順位が高く、民族・宗教的マイノリティーの日本人が地方政界のリーダーとして活躍するのは、まだまだ先だろう」
(渡辺志帆=ロンドン、伊東和貴)
by saitoru1960 | 2016-05-19 04:22 | いろいろ

デュピュイトラン(Dupuytren)拘縮

デュピュイトラン(Dupuytren)拘縮

部位手指症状運動制限
原因その他対処専門医の診断
手掌の腱膜が肥厚収縮して,環指と小指が伸ばせなくなる。男性に多く,遺伝的素因が関与する。
f0013998_20979.jpg

デュピュイトランの病理

手掌腱膜
 手のひらの皮膚の下側には、「手掌腱膜」とう膜があり、靭帯のような役目を果たしています。この膜は、「長掌筋腱」からつながって、指先に伸びています。この手掌腱膜が縮んで、手のひらや指が拘縮(伸びなくなる)、変形する病気を「デュピュイトラン拘縮」といいます。

 デュピュイトラン拘縮の原因は不明ですが、発症には、手掌腱膜の線維化が関係しています。線維化により、手掌腱膜に結節ができ、周囲の血管や神経を巻き込んで、縮んでいくため、手のひらや指に、拘縮や変形が起こると考えられています。

 デュピュイトラン拘縮は、特に薬指(環指)と小指によく発症します。また、両手に起こることもよくあります。発症部位は、指先から2番目の関節と指の付け根の関節で、指先の関節には発症しません。また、症状が強い場合は、指先から2番目の関節の甲側や足の裏などの結節を合併する場合もあります。デュピュイトラン拘縮は、50~60歳代の男性に多い病気で、糖尿病の人に比較的多くみられます。

医療機関での診断

 デュピュイトラン拘縮は、問診と診察でほぼ診断がつきます。問診では、家族に同じ病気にかかったことのある人がいるか、手のひらをけがしたことがあるか、変形が進行する速さなどについて聞かれ、診察では、指の変形などを調べられます。また、手掌腱膜にできた結節と腫瘍との鑑別も行います。

医療機関での手術療法

 デュピュイトラン拘縮の治療には、手術を行いますが、再発することも少なくありません。手術には、「手掌腱膜すべてを切除する」「病変部の腱膜だけ切除する」「病変部の腱膜を切る」などの方法がありますが、主に病変部の腱膜切除が行われています。
 
 病変部の腱膜切除にも、手のひらをジグザグに切る「ゼット形成術」と、手のひらを横に切り、腱膜切除後は、傷口が自然にふさがるのを待つ「開放療法」があります。どちらの手術も、拘縮や変形が強いほど、手術が複雑になり、手術後のリハビリテーションにも時間がかかりますから、病状がひどくならないうちに、手術するのがよいと思います。
f0013998_21335829.jpg

by saitoru1960 | 2016-04-26 20:09 | いろいろ

名こそ惜しけれ(3年の初めに)

f0013998_1644781.jpg

自分自身を磨こうとする時、苦しさを感じることなく壁を乗り越えるための努力をしていることがある。
高校に入学した頃、大きく開くことができず悲鳴を上げた股関節。しかしながら、幾度もその悲鳴と対話を繰り返すことで股関節は柔軟性を増し、知らない間に以前の股関節とは違うものになってしまっている。

高校3年になり、目前の勝負の瞬間のためここから必要になってくることは今まで以上に自分自身を磨こうとする意志である。瞬間瞬間に自身の心に生じる悲鳴を聞くこと。そしてその悲鳴との対話こそが「磨く」ための必要条件となってくる。刺激が弱すぎれば悲鳴は生じず、悲鳴そのものがなければ対話は成り立たない。まずは悲鳴を上げられるかどうかが分岐点になる。

作家司馬遼太郎は、鎌倉時代の武士が育んだ「名こそ惜しけれ」の精神が日本人には脈々と受け継がれている、と述べている。私利私欲は恥、恥ずかしいことはしない、ただそれだけの宗教ともとれる教えが日本人の心の奥底には生き続けているというのだ。生きていくうえでの基本・規準とでもいうべきもの、美意識と言っていいのかもしれない。自分の名にかけて、誰にもうしろ指をさされない、自分の行いには自分が責任を持つ、ということなのだろう。

悲鳴と対話をし続けていると、対話は苦しさに耐えることだけではない、と気づくこともでてくる。そしてその気づきを体感した者こそ、結果がどうあれ自分は正しかったのだと安堵し、次なる何かを追い求めてまた「名こそ惜しけれ」の行動を起こす人間ではないかとわたしは思っている。
by saitoru1960 | 2016-04-07 19:55 | いろいろ

歯が

左上の奥から2番目のつめていたところが先週から痛くなっていた。
今日、谷川先生のところに行き、帰ってきてレーズンパンを食べた時レーズンの硬さに耐えられず欠けた。
f0013998_1915648.jpg
f0013998_1922386.jpg

by saitoru1960 | 2016-04-03 19:02 | いろいろ

甲子園に

f0013998_22364069.jpg
f0013998_2237859.jpg
f0013998_22373641.jpg
f0013998_22375647.jpg
f0013998_22382692.jpg
f0013998_22392970.jpg
f0013998_22385811.jpg
f0013998_22395082.jpg
f0013998_22401219.jpg
f0013998_22403820.jpg
f0013998_22405847.jpg
f0013998_22412670.jpg
f0013998_22414999.jpg
f0013998_2242674.jpg
f0013998_224221100.jpg
f0013998_22424091.jpg

by saitoru1960 | 2016-03-25 22:42 | いろいろ

甲子園

f0013998_5482911.jpg
f0013998_549521.jpg
f0013998_5492921.jpg
f0013998_5495015.jpg
f0013998_5501286.jpg
f0013998_5503440.jpg

by saitoru1960 | 2016-03-21 05:51 | いろいろ

予期せぬこと

 学年通信に書いた2015年の目標は、「年間総走行距離3000km」であった。
 平均して1カ月250km走れば目標は達成できることになる。

 30歳を過ぎた頃、自分は42.195kmの距離を走りきることができるのか試したくなってフルマラソンのレースに出たのが始まりだった。それまでやることのなかった長い距離を走るということを、50歳の半ばを過ぎてもなお続けていようとは、その当時には夢にも思わなかった。

 途中、チャレンジ心に火がついて北海道のサロマ湖で100kmマラソンに挑戦したり、心身ともに疲労困憊になり数年間レースに出なかった時期もあった。それでも、スピードは出なくなったけれど、現在も年に1度のフルとハーフのマラソンを走り、高校時代の仲間と共に駅伝のレースに出て楽しんでいる。身体のどこかに痛みが出て、走りたくても走れない状態にならなければ、このまましばらくは趣味として走ることを続けるような気がしている。

 走る距離に合わせたランニングコースにはいくつかのバリエーションがある。最も気にいっているのは、塩屋から須磨にかけての国道2号線、海岸沿いを走るコースだ。これからは穏やかな瀬戸内の水面が春光を細かく煌めかせ、鉢伏山の新芽が薄い緑色を少しずつ膨らませてくる早春の風景になってくる。

たやすく涙を流せるならば
たやすく痛みもわかるだろう
けれども人には笑顔のままで 
泣いてる時もある            中島みゆき“命の別名”

 走っている時、脳のシナプスは複雑に絡み合うようで、脈略もないタイミングで唐突にアイディアや解決策が湧きあがり、走りながら自分自身に驚いてしまうことがある。走っている時の振動が脳に伝わり、なんらかの化学反応が生じているかもしれない不思議な瞬間である。
 
 音楽を聞きながら走ると、曲と昔の思い出の映像が重なり合い、自然にスピードが上がることがある。過去にタイムスリップしてその頃の感情までもが蘇り、走りながら微笑んでいるのが自分でもわかる。
 また、昔聴いていた曲の歌詞が、突然ぐっと心に入ってくることもある。昔の自分が感じ取ることのできなかった“言葉”に今の自分が反応し、心の琴線が過去のものとは違っていることに気づくことにもなる。
 
 ただ脚を交互に動かしているだけなのに、アイディアや感情が脈略もなく突然湧きあがってくることが面白くて、わたしは走っているのかもしれない。

傷つくことを恐れ 
黙るより 孤独と戦いたくて
泣きたいような夜は 
“希望”ってロウソク胸にともした    山下達郎“いつか晴れた日に”

 11月、何十年ぶりかで左ふくらはぎを肉離れし、黄色信号が点滅したけれど、トータル3058kmを走り目標はクリアできた。3000kmを越えた12月のその日、1つの節目を迎えることができた達成感があったのは言うまでもない。また、公言したことが、自分自身を奮い立たせる力を生み出したのも事実だ。

 新湊川沿いに立つ柳の木はすでに芽吹き、桜の蕾はもう少しで1年ぶりに薄い桃色を見せる季節を迎える。 
by saitoru1960 | 2016-03-08 05:44 | いろいろ

OB

f0013998_10503515.jpg

by saitoru1960 | 2016-02-25 10:50 | いろいろ

心動かされたことを忘れぬように


by saitoru1960
プロフィールを見る