<   2002年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

すわり小便の謎

モルディブのマーレ島で陸上競技を教え始めた頃、男子選手サイードは練習の途中で 「コーチ」と私にはずかしげに声をかけ、右手の小指を一本立てた。

私が「ハア?」という顔でサイードの顔を見ると、なんだか少ししなを作るようなナヨナヨ腰で、ちいさく「ヒースラ」という。

私はまだモルディブ語の語彙も少ない頃だったので、「ヒースラ」が何を意味するのかわからず、 「おいおい、男のくせに俺といい仲になりたいっちゅうのかよお?」 と少しげっそりした時、サイードは我慢しきれないように、すぐ横の波打ち際へとさっきのナヨナヨ腰&小股で小走りにかけていった。

平均海抜2mもないこの島は、周囲5kmをほとんど防波堤で囲んでいるため、練習場所の横も1mほどの防波堤を越えるとたちまち熱帯魚ウジョウジョの海になってしまう。

ランニングパンツ姿のサイードは1m防波堤を乗り越え、波打ち際まで急いでいくと、しゃがみこんで、ほっとしている。

「ヒースラ」は小便で、小指は小便を意味していたのだ。しかもすわり小便。

男は立ち小便、女はすわり小便、すわりながらの小便なんて日本男児たるもの死んでもすまじ、という確固たる文化(?)が日本にはある。(おおげさかな)

到底受け入れがたいサイードの行為に、「それはだめだろう!」と言うこともなく後ろ姿を見つめていたが、サイードは波を左手ですくい、股間にひょいひょいとかけるのであった。

紙を使わないモルディブのトイレ事情は、ひたすら水。

そして、イスラム教徒の彼らはお祈りの時には日本人以上に身を清める。

基本的に1日5回のお祈りをする彼らは、手、腕(ひじあたりまで)、足の指、脚(すねあたりまで)、顔、鼻(入口あたりも)、耳たぶ、口をゆすぐ、なんかまできっちりきれいにしてからお祈りをするのである。

私が知らないだけで、肛門もその都度キレイにしているのかもしれないが、清潔好きなモルディブ人の座り小便の謎もそのあたりにあるのかもしれなかった。
by saitoru1960 | 2002-06-24 15:28 | モルディブ

心動かされたことを忘れぬように


by saitoru1960
プロフィールを見る