<   2003年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

私はベトナム戦争を知らない。

1960年代初頭から1975年4月30日にわたって繰り広げられたベトナム戦争に大人達は大いに騒いでいたけれど、60年に生まれ、終戦当時中学3年のわたしにとって、戦争終了後のバタバタ騒ぎも何ら関係のないものであった。

『北ベトナムと南ベトナムの武力衝突。それは北ベトナムについたソ連、中国と南ベトナムについたアメリカとの政治戦略的な戦争ともいえた。

3代にわたる大統領、1500億ドルの巨費、年間54万人の兵士派遣。それほどまでにアメリカの威信がかかった戦争にアメリカは負け、ベトナムから撤退した。

アメリカ軍の犠牲者は5万8千人。ベトナム人に至っては200万もの人が犠牲になったといわれている。

そして、大量に散布された枯葉剤の暗い影は、今なお両国の人々を苦しめてもいるのだ。

この戦争の大きな特徴の一つに、戦争の前線がなかったことがあげられる。軍隊同士が向かい合う場がなかったのである。

北ベトナム側は南ベトナム領土内でゲリラ戦を展開。敵を待ち伏せし、短時間の攻撃を仕掛けた後はさっと引き上げるという戦略で、軍隊同士の正面きった戦いはなく、地の利を活かした小競り合い的な戦闘が多かった。

アメリカに真っ向勝負をかけ戦っても、勝ち目のない事を北ベトナム側は認識していたのだ。

いつどこからともなく仕掛けられてくる戦いに、前線のアメリカ兵は恐れおののき、しまいには戦力を喪失し、軍隊の指揮の低下を招いたのである。日本は、派兵こそしなかったけれど、沖縄、厚木などの基地がアメリカ軍の後方支援の重要な役割を果たすなど、アメリカ軍の強い味方として存在していたのであった。』

ベトナム戦争を調べてみると、このようにまとめることができた。

ベトナムより遠い中東イラク。自分の脚で周辺の国を歩き、そこで暮らす人々の生活にも具体的なイメージを持つ事ができる今、距離は遠くなっても、以前のようにどこかの国の誰かのことではなくなっている。

終戦からまだ30年も経たず、『ゲリラ』を『テロ』とよみかえ、イラクで自爆テロが頻発している現状に想いをはせると、アメリカは再び同じ道を歩いているような気がしてならない。
by saitoru1960 | 2003-11-22 15:52 | アジア

心動かされたことを忘れぬように


by saitoru1960