<   2005年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

半島を出よ:完読

本日、完読しました。
なんとも、面白かったです。終わり方も見事でした。
村上龍の才能を実感できます。
今まで、新聞とか雑誌のコラムを読んだりして村上龍は気にしていたのですがなかなか本は読まずにきていました。
しかし、この本によってまた他の本を読みたくなりました。
仕事で、偶然あった人が同じタイミングで「半島を出よ:上」を読んでいて、すごいですよねえ、とか言いながら読んでいたのですが、その人に薦められた「5分後の世界」を探して読んでみようと思っています。
f0013998_1131866.jpg

by saitoru1960 | 2005-05-28 11:02 | 物語

半島を出よ:途中経過

なるほど、虫できましたか。
公開死刑で老医師が止めに走った時に、恐怖の現実をみてしまったものの足がすくんでしまうところはリアルすぎました。
老医師が銃殺されてしまったら、とも考えましたが、コリョも外からの目を気にしたのだな、と変化みたいなものを感じました。
じっくり読める時間の確保が最近のその日の最大の課題です。
by saitoru1960 | 2005-05-26 11:00 | 物語

半島を出よ

f0013998_62390.jpg
久しぶりに面白い本に出くわした気がする。
日本人を考えさせられる。
今下巻に入ったところなのだけれど、結末が気になるし、映画で観たい気がする。
きっと映画化されると思うけれど・・・.
by saitoru1960 | 2005-05-17 06:01 | 物語

モルディブ瞑想排便記

「ホームステイ先には便所がないかもしれません」。

モルディブの首都島マーレからエンジンつきの船(モルディブ名:ドーニ)に乗って約1時間、同じ北マーレ環礁のヒンマフシ島まで語学研修へと出かける前に、青年海外協力隊モルディブ事務所の安達調整員からそう告げられていた。

事前研修でイスラム教やモルディブ人の生活などについてある程度の知識を得てはいたものの、「英語も通じないと思います」という安達さんからのもうひとつの決定的な言葉を思い出し、どんな5日間になるんやろか、と極悪罪人島送りの心理状態でドーニの舳先から360度の水平線をぼんやり眺めていた。

日本を発ち、汗ジトジトのバンコク(タイ)、すえた臭いのコロンボ(スリランカ)で数日過した後ようやくインド洋に浮かぶ珊瑚礁の国モルディブに到着。ディベヒ語と呼ばれるモルディブ語をようやくそこから勉強し始め、たった10時間程勉強しただけでひとりぼっちの島流しの人になったのである。

宿泊先となった家のばあちゃんは最初、ナンダカンダと矢継ぎ早にわたしに向かってディベヒ語で話しかけてきた。しかし、何をしゃべってもヘラヘラの曖昧笑顔でしかわたしが答えないため、次第に、ほんとにもう、という露骨なあきれ顔をして話しかけてくるのをやめてしまった。

モルディブの人たちに陸上競技を教えてやるのだ!、と意気込んで協力隊に参加したものの、所詮はなしができなければばあちゃんや子ども達に自分が何をしにやってきたのか説明することもできない。

電気もない部屋の窓から、月明かりに浮かび夜風にそよぐ外のやしの木を見るともなしに眺めながら、静かに静かに一日目の夜は更けていった。

初めての朝。6時前に目が覚め、わたしはやることもないので部屋を出た。珊瑚の岩は、焼いて砕いて水と混ぜるとコンクリートのような使い方ができる。珊瑚の岩をそのコンクリートをしっくいにして積み重ねただけで作られた典型的なモルディブ家屋から海に向かって歩いていった。

前夜、「ファーハァナ」というディベヒ語で便所を意味する言葉をばあちゃんに喋っても、通じたのかどうか首を横に振られておしまいだったので、小さな家の中をウロついてみたがやはりこの家に便所はなく、やしの林の中で小便は済ませていた。

珊瑚が砕けてできた白い砂浜に出た。朝の静かな波が小さくよせてはかえしている。

男が一人、30mほど離れた波打ち際にしゃがんで水平線を眺めている。水平線を眺めながら瞑想しているような、静寂したなんとも神々しい空気があたりに漂っている。

凛とした空気の中、男の左手が動いた。足元によせてくる海水を手ですくい、数回股間に持っていった後、やおら立ち上がると何事もなかったように男はその場から立ち去った。

「?!」。

見ると、男がしゃがんでいた場所に、まさに今産み落とされたばかりの大便がポトリと白砂の上に残り、時々波に洗われている。

しばらくその場にこっそり隠れていると、ポツリ、ポツリと男たちが現れては、上手に隣との間隔を開けて座り、水平線を眺めながらの瞑想排便に努めては立ち去って行く。

ウームとうなった。しばらく葛藤した後、わたしは波打ち際でパンツをずらしていた。
by saitoru1960 | 2005-05-08 16:08 | モルディブ

心動かされたことを忘れぬように


by saitoru1960