<   2007年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ようやく2学期も終わり

12月のはじめからバタバタとした日が続き、ようやく終業式を迎えることになった。
仲間のような人たちばかりの職場には、そう簡単にめぐり合うことはできないのだろうけど、自分の気持ちと反するような生徒への対応をとる同僚達との仕事が続くと、少々疲れもたまってきている気がしている。
あと少しの時間、生徒たちとの係わり合いを楽しみながら、一緒に過ごしてきた教師集団での時間も大切にしようとは思っている。

この冬休みは何か文化的なことをしたい。
読書でもいいし、映画を観たりして街をブラブラしてもいい。
ちょっと心の充電が必要な気がする。
最近、出すばかりで入ってくるものが少ない。

三田のハーフで3年ぶりに50分が切れたのは大きかった。
自分の体を動かして、前の年よりも進歩することができる、とわかった事は今年の一番の収穫かもしれない。
思えば、2年前の秋と1年前の秋。どちらもバタバタとした時間ばかりが過ぎ、ハーフの準備はできていなかった。
今年は、まだ走る時間を作ることができた分、ハーフのタイムも上がったのだと思う。

でも、これくらいの練習でハーフはごまかせても、フルは無理。
東京マラソンが3月になるということなので、こっちも参加できるかどうか・・。
まあ、当たらないと始まらないことなのだけれど・・。
by saitoru1960 | 2007-12-21 22:53 | ひとりごと

光のことば

f0013998_5501850.jpg
12月16日にあった須磨区ランニング大会。小学校4年生の部(1.3km)に出た光は、36人参加中の36番でゴール。
「走ってるときも、ゴールしたときも普通やったのに、少ししたら目に涙がこぼれてきた」
f0013998_5531524.jpg


風呂の中で、
「ひかり、今年はどんな一年やった?」
「そうやなあ、今年はよくおこられた1年やと思う」
「でも、10月からあとはちょっとかわったんちゃう?」
「そうかなあ」
by saitoru1960 | 2007-12-18 05:56 | 家族

三田ハーフマラソン

5km(25’30)
5-10km(25’17)
10-15km(26’00)
15-20km(24’38)
20-21(5’24)
ゴールタイム1’46’52

という結果で終わった今年の三田ハーフ。
一昨年が1時間50分、昨年が1時間55分だったので、今年はどうかと思っていたけれど、練習が去年よりはできたこともあってか、3年ぶりの50分きりとなった。
15-20kmもキロ5分を切り、上り下りも足がつらずに走りきることができたので、気持ちよく今年も終えることができます。
慶太、坂ちゃんもそれぞれ気持ちよく走ったので、ホッとして帰りの車で話をしながら帰りました。
会場で買ったばかりのシューズと靴下で走るという素人みたいなことをしたけれど、なんとか足はもってくれました、両方に水ぶくれはできたけれど・・・。

今年ももう少しで終わりです。
by saitoru1960 | 2007-12-16 16:04 | スポーツ

2007の読書

f0013998_221391.jpgライフログで見るとなんと今年は41冊もの本を読んだことになる。(上下巻や1・2・3巻のものなどもあったからそれ以上かな)
「一瞬の風になれ」(自分の中での第1位)を読んだのが、かなり昔のようにも思えるけれど、それほど今年は面白い本に出会った一年だった気がする。
重松清、東野圭吾などなど、今まで名前は知っていても読もうとしなかった作家の作品を読んで、これは!、というような出会いがあった。
「本屋さん大賞」のきっかけもあり、夜のピクニックや流星ワゴンにも出会うことができた。
いろいろあったけれど、久しぶりに本屋で次々と本を買うことのできたいい一年だった。
来年はどんな本に出会えるだろう・・。
by saitoru1960 | 2007-12-13 22:02 | いろいろ

10歳の誕生日に

「お父さん、寝られへんねん」、と泣きながら私の体をゆすって起こし、「めーつぶとったらそれでええから」と、なだめてもなかなか寝られない誕生日前夜でした。
「プレゼントは朝起きたら枕元においといてな」とリクエストした誕生日プレゼントは、バイオニクル2体。
布団の中でごそごそしながら、「4時になったら起きてもいい?」というのを5時半にまで引き伸ばし、OKが出すと勇んで起き上がったので、ソファーの上にあるからというと、「わかった」と一人で起きて作り始めたようでした。私がいつもより遅くまで寝ていると、前に買っていた1体とあわせ合体させたものを布団の上の私の目の前に置いていました。よっぽどうれしかったのでしょう。買った甲斐があったというものでした。
f0013998_545063.jpg
この日は、光にとていいことだらけの日でした。壊れてしまったデジカメを分解したのもそのひとつ。なんでも分解したがる光は、少し前に壊れたデジカメの分解を密かに狙っていたみたいで、OKがでると早速ドライバーセットを取り出し作業を始めました。
f0013998_545935.jpg
基盤に乗っている部品はSONY製のものやらNECのものやらいろいろで、Canonは組み立てているだけなんだな、と私も見ながら感じていました。
f0013998_5451894.jpg
様々なパーツがぎっしり詰め込まれたデジカメには光の気に入ったレンズなどもあり、捨てるものととっておく物に分けていました。
f0013998_5452674.jpg
この日は、ホテツーで恒例のカニカニツアーに行く日。名色ホテルで遊んだ翌日、出石でお蕎麦屋さんに入り、この日はきつねうどんを食べました。みんなでワイワイしながらのホテツーの食事はいつまで続くのでしょうね。ちなみに部活のあるわかばはお母さんと一緒に参加できませんでした。来年も、カニカニツアーに参加するのは無理なんだろうね。
f0013998_545386.jpg
ご飯の後は白磁の皿に絵付けです。
f0013998_5454835.jpg
素の皿は青い絵の具をすぐに吸い込んでしまうことを光は気に止めたようでした。
f0013998_546274.jpg
描いた絵は骸骨、幽霊、鬼、火の玉などお気に入りの妖怪シリーズ。さて、いつまで続くことやら。
f0013998_5461216.jpg
出来上がりが楽しみです。
f0013998_546235.jpg
かずきくんが骨折していて松葉杖や車椅子を持ってきていて、光は車椅子をよく押していました。いろいろ考ているのかもしれません。
f0013998_5463281.jpg
家に帰ると、イルプリモで好物のカルボナーラスパゲティーとピザを食べ、家に帰って誕生日スペシャルケーキの登場です。
f0013998_5464189.jpg
今回の絵はテレビドラマの中から「鳴家(やなり)」。「でも、頭の角が出ていないのが残念!」といっていました。よく見ているものです。
f0013998_5465163.jpg

by saitoru1960 | 2007-12-04 06:00 | 家族

心動かされたことを忘れぬように


by saitoru1960