<   2009年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

日本海海戦

f0013998_5353443.jpg坂の上の雲、いよいよ最終巻(8巻)に突入。
バルチック艦隊に東郷平八郎が破れていたら今の日本はなかった、そう想像することは一度きちんとしておかないといけないと思う。
幕末から明治へ。そして現代へ。
現代人のルーツを、改めて掘り下げて考えている。
by saitoru1960 | 2009-03-31 16:20 | 物語

奈良の春

冬の毛から春の毛へと生え変わるような時期だった。でも、小鹿の毛はそうまだらにはなっていなかった。
f0013998_558146.jpg
桜の花はこれからというタイミング。咲き誇っているところあり、まだ蕾ばかりのところあり。
f0013998_559347.jpg
大仏殿の桜。
f0013998_5591729.jpg
お寺に入るところではいつもお線香をたいている。
f0013998_601978.jpg
自分が小学校4年生に見たときから大仏はずっとこのままの姿で。
f0013998_603415.jpg
大仏殿の中の仏像も味があった。
f0013998_64368.jpg
大仏の鼻の穴の大きさと同じだといわれている柱の穴。光は並んだけれど、「あかん無理や」と肩が入らずギブアップ。
f0013998_643579.jpg
大仏を紹介しています。
f0013998_64589.jpg
南大門右手の「吽形(うんぎょう)」は湛慶の作といわれる。左手の運慶・快慶作の「阿形(あぎょう)」とともに、大仏よりもこっちのほうがすごさを感じる。
f0013998_65311.jpg
灯篭の道。
f0013998_655040.jpg
せんとくんがいる詰め所。
f0013998_66966.jpg
正しい日本の春の風景。
f0013998_662463.jpg
春日大社のしだれ桜。
f0013998_67466.jpg
春日大社は趣がある。
f0013998_672193.jpg
「ラッキーバンブーインザツリー」と宣伝し続けるおじさんがそこにはいた。
f0013998_68692.jpg
鹿の相撲。
f0013998_682426.jpg
710年から来年で1300年。
f0013998_684167.jpg

by saitoru1960 | 2009-03-30 06:08 | 休日

カンペー送別会

なつかしいメンバーでの再会は、不思議なエネルギーをもたらしてくれた。
カンペーが4月から横浜に再び転勤となり、その後はもう神戸に戻ってくることはないであろう、ということで送別会の連絡をしたのが、東京マラソンの2週間ほど前。
その後、連絡をする中で、溝内は娘の入学準備で東京に来ているから沿道で応援する、と連絡が入り、鹿野、カンペー、小林なども、「リアルタイムの位置情報サービスみてるから」と、連絡をしてきてくれた。
家族、石井、浅吉、智香子などなど、自分が走っているとき、今の自分のペースを見ている人がいる、と思えることで力が出るものだな、と感じながら走ることができた。
同い年の幼馴染に、マラソンを走ることでうらやましがらせるようなことにもなるのかな、と走る前は思っていたけれど、逆に自分がエネルギーをもらうことになった。

書いていた中身をあらためて読んでみると、中学生らしいかどうかわからない、けなしあいの文章が多かったけれど、逆に考えると、あんなあけすけにけなしあいができる仲間だったということなのかもしれないな、とカンペーが持ってきた班ノートの一部を読みながら思っていた。
同じ年頃のわかばには、違う形での想い出ができるのだろうけれど、ホテツーの仲間といい、中2のクラスといい、人生において運命的ないい出会いをしていたのだな、とつくづく感じてしまう。
f0013998_2182723.jpg

by saitoru1960 | 2009-03-29 20:46 | 仲間

左外側半月板部分除去

f0013998_19165731.jpg
f0013998_19173198.jpg
f0013998_19174650.jpg
f0013998_191834.jpg
海星病院で左ひざに内視鏡をいれ、予定通り、切れて膝関節内に入っていた半月板の切れ端を取り除いた。
術後、執刀医の黒坂教授が見せてくれたそれは、約2cmの長さ。思っていたよりは小さかったが、生まれてから今までありがとうと、もうわかばの身体の一部ではなくなってしまったことを感じていた。
10:20~11:10までの約50分、全身麻酔でベッドで帰ってきたわかばは静かに眠ったままだった。
by saitoru1960 | 2009-03-28 19:27 | 家族

2月28日、石井へ送ったメール

石井へ

昨年6月から始まった準備は、いよいよ佳境に入ってきました。
昨日、明日(3月1日)篠山ABCを走る妻と共に5kmほどジョグをし、その後分かれてあと12km走ったのですが、途中信号で止まったとき、ロンTの裾をジャージの下に入れました。

学校では入れていても、外で走るときには裾を出して走るのが普通だったのに、初めてのことでした。
なぜか自分の中で「アスリートモード」にスイッチを入れようと心が動いたのです。

ジョガーからランナーになったな、とひとりでちょっと自分の内なる変化を喜ぶことができました。

走っていても、以前ならゼーゼーしながら足が動かなくなることが普通に起こっていた距離を、何も考えずただ足を前に出すことで進んでいく、ということの身体の変化を実感したりしながら。

エネルギー効率、筋肉に対しての刺激のさばき方、酸素運搬能力の効率化などが長い時間をかけて出来上がってきたんだな、と思うと、もうすぐ49になろうというのに身体はまだ変化してくれるものなのですね。
とにかく、あと20日ほどでこの幸せな時間が終わってしまうのかと思うと、残念で仕方ありません。
いい時間を過ごせました。(まだ終わってないけど・・)

6月 55km
7月144km
8月 51km(アキレス腱痛)
9月160km
10月205km
11月265km
12月345km
1月367km
2月330km 月間距離

11月23日 1’51’35
12月 6日 1’48’37
1月24日 1’46’12 21kmコース

12月29日 2’46’51
1月18日 2’40’45
2月21日 2’34’21 30kmコース

とりあえず、こんな風に過ごしてきています。
まあ、1km5’10前後で楽にきざんで、最後まできちんと走りきれたらOKです。
記録よりも「気持ちよく締めくくる」マラソンになるよう、あと少し励みます。
by saitoru1960 | 2009-03-27 19:09 | ランニング

2009東京マラソン総括

f0013998_19545842.jpg
手元の時計でのラップタイム推移。
1km-5.21
2km-5.00
3km-5.02
4km-5.02
5km-4.58(5km-25.25/ave.5.05)
6km-4.57
7km-5.01
8km-5.01
9km-4.58
10km-4.57(5-10km-25.03/ave.5.00)
11km-4.52
12km-4.55
13km-4.55
14km-5.00
15km-4.59(10-15km-24.43/ave.4.58)
16km-5.04
17km-5.05
18km-5.03
19km-5.00
20km-4.59(15-20km-25.13/ave.5.02)
21km-4.59
(Half-1.45.48)
22km-4.57
23km-4.55
24km-4.53
25km-4.57(20-25km-24.43/ave.4.58)
26km-5.01
27km-4.59
28km-5.02
29km-5.00
30km-4.57(25-30km-25.01/ave.5.00)
31km-4.56
32km-5.00
33km-5.00
34km-5.06
35km-5.00(30-35km-25.05/ave.5.01)
36km-5.03
37km-5.03
38km-5.04
39km-5.02
40km-5.09(35-40km-25.24/ave.5.05)
41km-5.16
42km-5.22
42.195km-0.58
Goal-3.32.09

自分でも見事だと思う。よくも計ったように5.00前後で40kmまでこれたものだ。
40から41kmのところで、不規則な方向から吹く突風を辛抱していたら少し頭がボーっとしてきて、
「こんな風にしてぽっくりいくってこともあるのかな」、と少し気合を入れ、スピードを落としてて意識をはっきりさせたこともあった。
キロ5分で42kmを走ればちょうど3時間30分、ということも途中から考えて、あわよくば20分台もありえるのか、と計算もしたけど、0.195km分を足すとそれも難しいということが「残り5km」の表示を見たときにわかった。
また、かつてサロマ湖100kmの残り20kmのときに生じた、「もう終わってしまうのか」という寂しさのような気持ちも42kmの手前で出てしまい、1km5.00で、というこだわりがなくなってしまった。
とにかく、「残り2km、スピードを振り絞って」、という走りではなかった。

31歳の初マラソンー4.02.37
32歳のベストー3.39.25
33歳のベストー3.22.32
34歳のベストー3.14.50(この年のセカンド記録が3.30.54)
35歳のベストー3.25.59
36歳のベストー3.56.00
37歳走らず
38歳のベストー3.52.43
39歳のベストー4.00
40歳41歳走らず
42歳のベストー3.43.20
43歳のベストー3.45.43
44歳走らず
45歳のベストー4.05.59

ベストの時でさえ、5kmの一番早いラップと一番遅いラップの差は、2分42秒もあった。
(今回はたった43秒)

14年前の自分に戻れた。それも自分のペースで最後まで。
少しずつゴールからの時間が過ぎ、まだ自分の身体はいいように変化できるのだな、と感じ始めている。

もう走る気持ちがなくなるかな、とも思っていたけれど、月曜の朝、久し振りに伊川谷駅から学校までの2kmを走り、帰りは学園都市まで3km、無理をしたわけでもなく自然に走った。
今朝も総合運動公園駅から4.5kmを走った。
明日もきっと走るのだろうな。
by saitoru1960 | 2009-03-24 20:57 | ランニング

陽光桜咲く

f0013998_16451032.jpg
土、日で人知れず咲いた「陽光」。一足早い、別れと出会いのサイン。
by saitoru1960 | 2009-03-23 16:46 | いろいろ

ゴールシーン

フジテレビで配信されているゴールシーン
12591を入れると通過時間、ラップタイムなどが出てくるサービス

時代はこんなことまで簡単にできるようになっている。
by saitoru1960 | 2009-03-23 08:13 | ランニング

東京マラソン2日前

天気予報が、「晴れのち雨」に変わった。予想最高気温18℃。
これだけでも気分はうわむきになってくる。
練習の最後で生徒たちにもこの9ヶ月間のことなどを話した。
あとは、明日家の近所で10kmほど走り、出発ということになる。

「坂の上の雲」から。
軍艦マーチ(行進曲)は日露戦争のときにできた。
自分の知っている曲はト長調、最初はハ長調だった。
「此の城」というタイトルだった。

作詞(鳥山啓)作曲(瀬戸口藤吉)

守るも攻むるも鋼鉄(くろがね)の
浮かべる城ぞ頼みなる
浮かべるその城日の本の
皇国(みくに)の四方(よも)を守るべし
まがねのその艦(ふね)日の本の
仇(あだ)なす国を攻めよかし

石炭(いわき)のけむりはわたつみの
竜(たつ)かとばかり靡(なび)くなり
弾(たま)うつ響きは雷(いかずち)の
声かとばかりどよむなり
万里の波濤を乗りこえて
皇国(みくに)の光輝かせ

これだけ読むと古臭いだけなのだけれど、時代背景を知ると、また違った趣が生じてくるのが面白い。
by saitoru1960 | 2009-03-20 12:05 | ランニング

リアルタイム東京マラソン

東京マラソンでは次のようなサービスもあり、自分自身のリアルタイムでの大体の位置がわかるようになっています。
「東京マラソン・ランナーアップデート(位置情報サービス)について」、がそれで、登録して「12591」のナンバーを入れると通過タイムを知ることができます。
(「ランナーアップデート」http://www.tokyo42195.org/2009/news/post_39.html)
なんとも便利なもので、沿道まで見に来てくれる人は役立ててください。

直前の計画は次のとおり。
スタートから5kmまで5’20、そこから35kmまで5’10でおしていき、ラストの7,195kmがキロ5’20。
トータル、3時間40分ちょうどが計画でのゴールタイム。(午後12時50分)
陸連登録者は前のほうでのスタートということなので、号砲が鳴ってからスタート地点までのタイムラグもそうないはずです。

東京近辺に住む仲間がどこかで見ていてくれるのだ、と思いながら走り続けるのも楽しいものです。
さいわい、腰も鼻水もおさまってきていて、週間予報で当日の天候が、「曇り時々雨。最高気温16度、降水確率50%」というのだけが気になるところです。
by saitoru1960 | 2009-03-18 19:51 | ランニング

心動かされたことを忘れぬように


by saitoru1960
プロフィールを見る