<   2009年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

懐かしの明石公園で駅伝

明石で42.195kmの距離で駅伝がひらかれるということを慶太が聞きつけ、6人で申し込んだ。
慶太・瀧本・久田・布袋・坂田のいつものメンバー。そこに久田の教え子(なまちゃん)が加わり、7人でのタスキリレーを楽しんだ。
f0013998_15293882.jpg
子弟間のタスキリレーが実現。
f0013998_15294517.jpg
慶太、瀧本、斎藤、坂田は続けて3周走り、来月、三田に向けての練習を兼ねる。9.46-9.20-9.00と自分の中ではまずまずのタイムで走ることができ、気持ち良く、龍の湯につかってのんびりした。
f0013998_15295223.jpg
いづもで食べた明石焼もたこの味が良く申し分なしであった。
f0013998_1530019.jpg
アンカーは坂ちゃん。みんなでゴールしたのであった。
by saitoru1960 | 2009-11-30 15:30 | 仲間

久しぶりの鈴木

f0013998_19111131.jpg

by saitoru1960 | 2009-11-22 19:11 | スポーツ

発表会

f0013998_171175.jpg
f0013998_171960.jpg
f0013998_1711720.jpg
f0013998_1712699.jpg
f0013998_5174288.jpg
f0013998_5175552.jpg
f0013998_5182361.jpg
f0013998_522393.jpg
f0013998_5225516.jpg
f0013998_523637.jpg
f0013998_5231654.jpg
f0013998_5232627.jpg
f0013998_5233598.jpg
f0013998_5234794.jpg
f0013998_523583.jpg
f0013998_524820.jpg

by saitoru1960 | 2009-11-15 17:01 | 家族

少年になっていく息子

f0013998_15285098.jpg
f0013998_1529137.jpg
f0013998_1635365.jpg
f0013998_16354819.jpg
f0013998_1636114.jpg
f0013998_16361417.jpg
f0013998_16362890.jpg
f0013998_16364453.jpg
f0013998_1637623.jpg
f0013998_16371716.jpg
2週にわたって行われたソフトボール卒業記念大会。
先週、高東Aに負けたひまわりは、今日、「青い鳥」、「上野」を破り4勝1敗。
高東は、ピッチャーが怪我をしたということで今日の2試合に負け、なんと、ひまわりは棚ぼたでの優勝となった。
最後の学年になって、3個目の金メダル。
青い鳥、若アユ、上野、高東、ひまわり。
戦い続けた草ソフトボールチームの面々は、次週、6年生だけの混成チーム試合、オールスター戦に臨む!
by saitoru1960 | 2009-11-08 15:29 | ドキリとしたこと

最後のステージ

f0013998_12593265.jpg
f0013998_1259411.jpg
f0013998_130079.jpg
合唱:満月の不思議ポロロッカ
合奏:ラプソディー・イン・ブルー
f0013998_1301320.jpg
フィナーレ:みえない翼
f0013998_1302362.jpg

by saitoru1960 | 2009-11-07 13:00 | 家族

マスコミのコントロール

記事を読むときには、多面的に見ることが必要、ということを感じることがある。

最近の記事から、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

▼日本の怒りを扇動したゲーツ米国防長官

日本人が選挙で民主党に投票しただけでは、大した政治覚醒でない。鳩山政権就任直後の9月23日に、米国務省の東アジア担当者であるキャンベル次官補が沖縄の普天間米軍基地の移転問題で「新政権は、前政権が決めたとおりにやってほしい」と言ったので、この問題がいずれ米国が日本と敵対するテーマとして使われ、反米感情を扇動して日本側の政治覚醒を煽るのではないかと思っていたところ、10月20日に来日したゲーツ国防長官が見事に爆弾を落としていってくれた。

来日したゲーツは、東京に着く直前の専用機内での記者会見で「普天間基地の移転先は辺野古しかない。
日本は2006年に米側と合意したとおりにやってほしい。11月12日にオバマ大統領来日までの間にきめてほしい。普天間の代替先が決まらない限り、海兵隊のグアム移転もやらない」と述べ、日本政府を威嚇した。

それまでも米政府はキャンベルやルース駐日大使ら高官が鳩山政権に、普天間基地の移転先は辺野古で変えないでほしいと要請していたが、高圧的な発言は初めてだった。
普段は気さくなゲーツが突然語気荒く言い放った。日本のマスコミはいっせいに「米国は怒っている。鳩山政権が従わないと日米関係は悪化する。
普天間の県外移転にこだわる鳩山と民主党は悪だ」といった論調を流し始めた。

日本のマスコミは鳩山政権の就任以来、米国が怒るのを待っていた。ここ数年、対米従属プロパガンダ機関と化している日本マスコミの主軸は、鳩山政権が米国から叱責され、日米関係が悪化したところでマスコミが「鳩山のせいで大事な日米同盟が壊れた」と大々的に非難し、鳩山の献金スキャンダルも盛り上げて政権への支持率を下げ、鳩山が対米従属の方に戻らざるを得ないか、もしくは早々に政権の再交代を引き起こして対米従属の自民党政権を返り咲かせたいと考えていたようだ。
そんなところにゲーツが来日して「決めたとおりに普天間移転をやれ」と威嚇したものだから、マスコミは喜んで飛びつき、ゲーツの威を借りて鳩山攻撃を展開した。

しかし、そんな日本マスコミは、ゲーツの隠れ多極主義に乗せられた観がある。民主党は「沖縄ビジョン」で、以前から普天間基地は県外もしくは国外に移転することが望ましいと表明し、自民党政権が米国と合意した普天間の辺野古移転は、沖合案、沿岸案ともに地域住民や市民運動の反対が強く、すでに頓挫しているとみなしている。8月末の総選挙で、沖縄では4選挙区すべてで自民党が負け、基地の県外国外移転を求める民主党候補者が当選した。
仲井真県知事は自民党系だが「基地問題は民意を尊重して決めたい」と前から言っている。沖縄の民意は「辺野古移転はダメです」ということだ。

米国防総省は、軍事戦略の根幹に関わるので基地の地元民意にとても敏感だ。
ゲーツや米政府は「辺野古はダメです」という沖縄の民意をよく知っている。

それなのにあえて「移転先は辺野古じゃなきゃダメだ。先延ばしもダメだ」と、鳩山に言う前にマスコミに宣言した。もし、ゲーツが普天間移転問題をうまく進めたいのなら、こんなことをするはずがない。マスコミには日米協調を宣伝しつつ、鳩山ら日本の高官に物腰柔らかく接し、移転先について時間をかけて協議する態勢を組むはずだ。ゲーツはマスコミを利用して日本側の怒りを扇動した。

▼辺野古移転ごり押しで沖縄を団結に誘導

ゲーツの高圧的な要求を受けて、沖縄の世論は反米的な傾向を強めた。琉球新報の世論調査によると、沖縄県民の70%が、普天間基地は県外か国外に移転するよう政府が米国と交渉してほしいと思っている。
同時に県民の67%が、普天間基地の移転先を辺野古沖にすることに反対し、賛成は20%しかいなかった。99年の調査では賛成と反対が約45%で拮抗していた。

沖縄は経済面で米軍基地に負うところが大きく、基地は従来、経済的な「必要悪」だった。だが今後は、東京から地方への公共事業のばらまき自体が減ることが確実だ。
安全保障の面では、沖縄の基地の必要はもっと減っている。以前は関係が悪かった米国と中国は今や「G2」などと銘打って日本の頭越しに戦略関係を結んでいる。米政府は最近、中国への武器輸出規制を大幅に緩和した。

北朝鮮問題は「軍事解決」ではなく6カ国協議での政治解決に向かっている。
韓国では2012年に国連軍の指揮権が米軍から韓国軍に委譲される予定で、在韓米軍は出ていくことが米韓で合意されている。ゲーツは日本の後に韓国を訪問し、韓国政府に合意を念押しした。
ゲーツは日本では怒った表情だったのに、韓国では満面の笑みを浮かべていたと報じられている。米中がG2で良い関係になり、日中も東アジア共同体で融合していき、在韓米軍もいなくなる方向なら、沖縄にも米軍は必要ない。全部グアムに移ってもらえばよい。沖縄の人々が「基地は県外か国外に移してほしい」と思うのは当然だ。

日本海側の人々が北朝鮮のミサイルが怖いと思うなら、日本海側に米軍基地を作ればよい。竹下登の政治力で無理矢理作ったものの大して使われない島根県の石見空港の軍事転用などいかがだろうか
。本土の人々が米軍に守られたいなら、民間空港として「失敗」の烙印を押された成田空港、関西新空港、もしくは静岡空港あたりに米軍基地を移転するのも良い。
「本土防衛」には、戦時中の「松代大本営」にほど近い松本空港も便利だ。日本には、日本航空にすら見捨てられた地方空港がたくさんある。利用率の悪い10カ所ぐらいの地方空港が持ち回りで米軍を迎え入れるのはどうだろう。

いずれにしても、財政難の中で今から巨額の税金を使って沖縄の辺野古沖を埋め立てる必要はない。土建屋政治の時代は終わっている。ゲーツが辺野古移転にこだわったので、辺野古は反対派の座り込み2000日超にして、覚醒する沖縄の象徴的な存在になった感じがする。ゲーツの国防総省は、中東でイスラム教をことさら敵視することで、イスラム世界を反米で団結させてイラクでもアフガンでも自滅しているのと同様、沖縄の人々を怒らせる辺野古移転のごり押しをあえてやって、沖縄の人々を米軍基地追い出しで団結させている。冒頭で紹介した世界の人々の政治覚醒を煽るブレジンスキーがオバマ政権の世界戦略を描いていることと合わせて考えると、沖縄の人々を怒らせるのはブレジンスキーの多極化戦略の一環に見える。
by saitoru1960 | 2009-11-07 12:58 | いろいろ

初めてのサンショー

f0013998_5432337.jpg
f0013998_544155.jpg
f0013998_545313.jpg
f0013998_5451725.jpg
f0013998_5452894.jpg
山本と伊藤先生が、生まれて初めての3000mSCに挑戦するため松江のレディース大会に行く。
神戸から3時間半で、島根の松江に到着した。
近いようで遠い距離を走ると、競技場では清水さんが生徒と練習をしていた。

松江城は思ったよりもきちんとした保存状態で、姫路城の20%のミニチュアといった風だったが、姫路城を知らない人にとっては、見ごたえのある城内だと感じた。
町並みも姫路や篠山に似て、道路は城下町のそのものだった。

昼ごはんを悩んでいると、自分たちの会話を聞いていた女性が、「あそこはいいよ、でもあそこはだめ」と教えてくれ、教えられたそば屋に入ると、美味しい出雲そばを食べることができた。
親切な人に何人も出会った町だった。

初めてで最後になるかもしれないレース。
でも、これがきっかけで大学進学を真剣に考えるようになるかもしれない。
高速道路1000円もあって、安い買い物をすることができた。
by saitoru1960 | 2009-11-01 05:42 | いろいろ

心動かされたことを忘れぬように


by saitoru1960
プロフィールを見る