<   2013年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

'89帰郷

f0013998_9391460.jpg
ずっと富良野にいたいんだ
 88年秋、螢は富良野から旭川の病院に勤めるため、毎日電車で通っていた。行帰りの電車でいつも一緒になる男に螢はひかれていて、ある日その青年が患者として病院にやってきたのがきっかけとなって、二人はデートをするようになる。彼は和久井勇二といい、旭川の予備校に通う三浪中の浪人生だった。まわりからは早く東京の予備校に行くように言われていたが、彼はもうすぐダムの底に沈んでしまう故郷の滝里村のある富良野から離れたくなかったのだ。二人で木にイニシャルを刻みながら、勇二は「俺はずっと富良野にいたいんだ」と言った。

父さん、僕もこの子も不良なんかじゃありません
 純は東京に来て一年半、一度も富良野に帰っていなかった。髪を染め、バイクに乗ることが何より好きでたまらなかった。ある時、400ccのバイクを暴走族の幹部をやっているという男から買ったが、実はそれは盗難車だった。その翌日、自動車整備工場で純の泥のついた1万円札2枚が盗まれた。実はその工場の責任者水谷にからり高い金利で金を借りていた同僚の赤間が、純の財布から盗み出し水谷に渡したということだった。純はどうしてもあの2万円を返して欲しいと何度も繰り返し頼んだが、水谷は逆に純に暴行を加える。逆上した純は手元にあったバールを水谷の脳天めがけて降りおろす。血をだしうめく水谷、そしてぼう然と立ち尽くす純。結局傷害事件となり雪子おばさんが純を引き取りに警察へやってきた。

 その次の日、純はかつて誘惑されたものの、逃げ出してしまったえりと喫茶店で会っていた。えりは1枚の泥のついた純の1万円札を返してくれた。そして二人は協力してもう1枚の泥のついた1万円札を見つけるために町中を捜しまわった。えりの兄は暴走族の幹部でヤクザにもつながりのある人だった。しかし純は、自分もえりも不良じゃないと感じていた。「父さん、僕もこの子も不良なんかじゃありません。」

男は誰だって何といわれても戦わなくてはならないときがある
 その工場をクビになった純が突然富良野へ帰ってきた。そこで純は無理矢理髪の毛を黒く染められたが、富良野の暖かさを実感する。五郎は三人で温泉に行こうと言うが、螢はその日、急に東京に行くことになった勇二を見送りに駅まで行った。勇二の家族や親戚にばれないように陰からそっと見守る螢。電車が動き始め、螢に気付いた勇二は何度も何度も大きく手を振った。ひたすら電車の方へかけていく螢。そして勇二は富良野から出ていった。

 純は五郎に東京で事件を起こしてしまったこと、職を3回もかえたことを打ち明けた。傷害事件を起こしたことに対して五郎は、「男は誰だって、何とえわれても戦わなくてはならないときがある」というのだった。純はこのまま富良野に残って丸太小屋を作るのを手伝ってもいいかとたずねた。しかし五郎は自分の楽しみは誰にも手伝わせないと言うのだった。

 その時家に帰って悲しみに暮れていた螢が純に、ラジオの曲を札幌にいるれいがリクエストしたことを知らせる。尾崎豊の「I love you」がかかっていた。正月の3日、純は札幌に行き、レストランで働いているれいを見つけ、以前約束していた天窓のある喫茶店で二人は語り合った。
 ・・・居酒屋で五郎がべろんべろんに酔っぱらっている。純は東京でまた職をかえ、螢は旭川の病院で看護婦の見習いとして働いているらしい。

和久井勇次:緒形直人
蛍の初恋の相手。蛍と同じ通学列車に乗っていてお互い気になっていたが、勇次が痔を患って蛍が働く肛門科を訪れたことをきっかけに交際することになる。初登場時は浪人生だったが、その後帯広の大学に合格する。蛍に准看ではなく正看になることを勧める。
エリ:洞口依子
純に盗難バイクを売りつけたヤンキーを紹介した少女。不良っぽい外見をしているが、純が宝物にしていた「泥のついた壱万円札」を紛失した際には一緒になって探す。兄は暴走族の幹部で、ヤクザともつながりのある模様。
勇次の伯母:正司照枝
列車の中で偶然勇次と会い、「早く東京へ行かなきゃダメよ」とお節介を焼く。
赤塚満治:矢野泰二
純の定時制高校の同級生で、同じ自動車整備工場で働いている。通称「アカマン」。水谷に借金したせいで、酷い目に遭う。
竹内先生:井川比佐志
蛍が働いていた肛門科の医師。
水谷:水上功治
自動車整備工場で働く純の先輩。後輩社員に対して高利貸しのような真似をし、アカマンを追い詰めていた。紛失した「泥のついた壱万円札」を探すために勝手に彼のロッカーを開けた純をボコボコにするが、キレた純にバールで殴られ、大怪我を負う。純はその事によって工場をクビになる。
by saitoru1960 | 2013-06-29 15:23 | 物語

'87初恋

f0013998_15195184.jpg
彼女がかちあっちゃった
 87年の春、純は機械いじりの好きな中学3年生に成長していた。ある日の学校の帰り、気難しいことで知られる大里さんの家のそばに壊れた風力発電の機械が捨てられていることに気付いた純はふと立ち止まる。しばらくその機械を見ていると、そこに大里の娘れいが現れ、純はたちまち一目惚れしてしまった。

 後日、同級生のチン太がれいに思いを寄せていることを知る。「彼女がかち合っちゃった」と純は内心チン太に申し訳なく思うが、二人は次第に心をひかれあうようになる。純は大里にもらった廃車から風力発電の機械を作るため大里家に出入りし、またれいともよくデートするようになる。純はれいの話を聞くうち次第に、中学を卒業したら東京に出て、昼は働きながら夜は定時制の高校に通うことを決意するようになっていった。

男は見栄で生きてるもんだ
 富良野に帰ってきた愛子とよりを戻した草太や雪子おばさんに純はそのことを相談するが、五郎だけはそのことを知らされていなかった。ある日、中津の畑が水にやられ大きな借金を抱え込んでしまった。しかし大里はその肩代わりを拒否し、その大里の行動に腹をたてた五郎は、純やれいにくってかかるようになる。実はその日は五郎の誕生日で、純は自分で作った風力発電を五郎にプレゼントしていたのだが、純は五郎にそのことを少しもほめてくれないことや、れいとのことを悪くいわれたこと、最近酒浸りの五郎の情けなさをぶちまけたのだった。二人は激しく言い争い、純は家を飛び出す。それを追いかけてきた草太は純に「男は見栄で生きてるもんだ」と言い、五郎に東京に出たいということを相談しなかったことで五郎が傷ついていたことをたしなめた。その日は草太の取りなしで純があやまることになり、なんとかその場はおさまった。

 初霜が降りたその日、大里の畑が火事になる。さらに視界の悪い中、車を動かそうとしていた大里は、あやまって妻を跳ねて死なせてしまう。純は富良野の高校へ行こうと決めた。冬になって純はれいとひさしぶりに再会した。帰り道、クリスマスイブに以前二人で雨宿りしたあばら家で会うこと、卒業式のあと二人で札幌の天窓のある喫茶店に行こうとことを約束した。

急に遠くへ行くことになりました
 クリスマスイブの日、純たちはサンタクロースの格好をしてれいの家にプレゼントを配りに行く。しかし大里家は夜逃げをしてしまっていた。急いでれいと待ち合わせの約束をしていたあばら家へと走る純。そこにはれいの姿はなく、ただ純への手紙とクリスマスプレゼントである尾崎豊の「I love you」のテープとウォークマンがおいてあるだけであった。「急に遠くへ行くことになりました。黙って行っちゃってごめんなさい・・・」。涙が止まらず、ぼう然とする純のところへ螢がやってきて、五郎が純の東京行きの手はずをすべて整えてくれたことを知らされる。東京はもういいという純に対し、どれだけ五郎が苦労して純を東京に行かせようとしたかを知っている螢は、今さらそんなことをいわないでほしいと言った。家に帰ってきた純に五郎は「いつでも帰ってこい」と言うのだった。

 卒業式の後、純は五郎と螢に別れを告げトラックに乗り込む。そして五郎がトラックの運転手に渡した泥のついた2万円を、トラックの運転手は純に渡す。純はその泥のついた2万円を両手で握りしめ、涙を流した。

大里れい:横山めぐみ
純の初恋の相手。純たちとは違う富良野市内中心部の中学校に越境通学している。純と同じく尾崎豊のファン。純と親密になり、一緒に東京の高校に進学することを約束するが、父親が農業に失敗したため夜逃げしてしまう。純とは「'89」で再会し遠距離恋愛を続けるが、次第にすれ違っていき、「'95」で別の男性と結婚してしまう。
飯田(北村)アイコ:美保純
広介の姉で、つららの友人。全国を転々とした後に富良野へ戻り、農協の作業場で働いていた。後に草太の妻となる。
飯田広介:古本新之輔
純の同級生。おちゃらけた性格。「'95」以降は実家で農業をして働いているが、アイコが結婚してからは北村牧場へも手伝いに行っていた。
中津チンタ:永堀剛敏
純の同級生。れいはチンタの片思いの相手だったが、純に略奪愛されてしまった。「'95」では農業を継がず、警察官になる。
中津:レオナルド熊
チンタと完次の父。農業を営んでいたが、農薬と化学肥料の使い過ぎで土地を痩せさせ、荒天による豪雨で作物もろとも畑を流失し、多大な損害を出してしまう。
宮田寛次(シンジュク):布施博
富良野で電気屋を経営。かつて、東京の新宿で悪名を馳せたことがあるため、「シンジュク」というあだ名で呼ばれている。機械を見ると何でも分解してしまう純には辟易している。
大里政吉:坂本長利
れいの父親。純が風力発電を造る手助けをする。小豆を冷害から守るために燃やす古タイヤを運搬する際に、後方確認が不十分なままトラックをバックさせ、誤って妻を死なせてしまう。結局、冷害によって栽培していた小豆が全滅。チンタの父が損害を負ったとき、借金の連帯保証人になることを拒否するなど、偏屈で農協仲間とはそりが合わなかったこともあり、夜逃げを余儀なくされる。
先生:鶴田忍
トラック運転手:古尾谷雅人
純が上京する際、便乗させてもらった長距離トラックの運転手。五郎が謝礼として支払った「泥のついた壱万円札」2枚を「記念にとっとけ」と純に返す。
by saitoru1960 | 2013-06-29 15:20 | 物語

'84夏

f0013998_15351844.jpg
やっぱりお前は汚いやつだな
 84年の夏、中畑のおじさんの家に遊びに来ていたつとむ君のパソコンを純はうらやましく思っていた。それを察した正吉がパソコンの本を取ってくるが、純はそんな本なんか欲しくなかったと言い張り、二人は言い争う。そして正吉は「やっぱりお前は汚いやつだな」と純に言うのだった。
 その年の冬の出来事だった。出稼ぎに行っていた五郎が雪子おばさんと東京から戻ってくる日、純と正吉は螢の書き置きで注意されていたにもかかわらず、薪をくべたまま二人を迎えに行ってしまい、火事をにしてしまい、丸太小屋が全焼してしまったという事件があったのだった。警察の取り調べの時、純は嘘をついて責任のがれをしようとするが、正吉は正直に言い、結局その火事は正吉が原因ということになってしまっていたのだ。

今は働くだけでヘトヘトだ
 その頃、草太は雪子に夢中で、二人は結婚直前までいったが、雪子はどうしても昔つきあっていた男のことが忘れられなかった。そしてその男が離婚したということで雪子は晴れてその男と結婚することになり、二人で富良野を訪れた。そのことでカリカリ来ていた五郎に対し、純が食事の時に「昔のお父さんは水力発電だってなんだってやろうとしたのに」と言うと、五郎は「今は働くだけでヘトヘトだ」とあたり、また雪子にも「あんたのやりかたには納得が行かない」と言うのだった。

 雪子が東京に戻る日、純と正吉はつとむ君を誘ってイカダ乗りに行った。勝手に草太のイカダを使って遊んでいたが、つとむ君がさおを川に落とし、イカダのバランスを崩した三人は川に投げ込まれた。一人でべそをかき、愚痴るつとむ君に「パソコンの本を盗んだろ」と言われ、純と正吉はむっとし、つとむ君のパンツを無理矢理脱がせ、間違ってズボンも持って行ってしまった。その後雨が降り出し、つとむ君は肺炎で入院してしまったと二人は後から知らされる。

 雪子は東京へと戻って行ってしまった。その晩、純は五郎に、つとむ君のズボンのこと、パソコンの本のこと、草太のイカダのことなどを聞かれるが、自分は何もしていないと言った。そしてその時、翌日に正吉が母親のところに引き取られていくことを知らされるが、純はその晩、正吉と口を聞くことができなかった。

子供がまだ食ってんでしょうが!
 次の日、正吉は帰っていった。別れる直前、つとむ君のことを「こっちに来たばかりのお前のようだったぜ」という正吉の言葉に純はどきっとした。「せいぜい長生きしてて下さいよ」と言葉少なに駅のプラットフォームで話す二人。純は複雑な思いで去っていく電車と正吉を見つめていた。その帰りのラーメン屋で純は、火事の本当の原因のこと、つとむ君のズボンのこと、パソコンの本のことを泣きながら五郎に打ち明け、「僕はひきょうで弱虫です」と言うのだった。そして五郎も以前の純の厳しい指摘に「おれもどきっとした」と打ち明けるのだった。閉店時間が過ぎて、五郎らをせかすラーメン屋の店員がまだ食べかけの純の器を下げようとした時、五郎は「子供がまだ食ってんでしょうが!」とキレた。三人は店を出た。こうしてその年の夏は過ぎていった。

中畑努:六浦誠
中畑の甥っ子。夏休みに、母と一緒に富良野へ遊びにやってくる。持ってきたパソコンの自慢をしたり、五郎の悪口を言ったりと、嫌味ったらしい性格をしている。純と正吉とともに、空知川で草太のいかだを勝手に動かして遊んでいるうちに、転落して溺れてしまう。助けられるが、濡れた服を乾かしている際に、正吉がパソコンの本を盗んだことを指摘したため、逆上した純と正吉に全裸にされ、河原に放置される。その際に雨に打たれ、軽い肺炎に罹った。
中畑ゆり子:立石凉子
中畑の妹で、努の母。夫とは死別している。
ラーメン屋の店員:伊佐山ひろ子
駅で正吉を見送った後、五郎たちが閉店間際に入ったラーメン屋の店員。店を早く閉めたくてイライラしており、五郎が代金を払うなり食べかけのラーメンを下げようとする。五郎の名台詞「子供がまだ食ってる途中でしょうが!!」は、彼女に対して向けられた言葉。
by saitoru1960 | 2013-06-29 15:16 | 物語

'83冬

f0013998_15135799.jpg
83年の暮れ、東京に出稼ぎにいっていた五郎が富良野に帰ってきた。そして純と螢は旭川から家出してきた正吉と一緒に正月を迎えることになる。そのころ草太はラーメン屋で働く妙子にほれていて、その二人の会話を盗み聞きしようと草太の車にしのび込んだ純と正吉は信じられない事実を知ることになる。正吉の母みどりが700万の借金を抱えており、五郎がいつの間にかその連帯保証人になっていたのいうのだ。このままだと五郎は家も土地も手放さなければいけなくなってしまう。ショックに会話もなく麓郷へと歩いて帰る二人。

 正月のある日、見知らぬ一人の老人が純たちのもとに訪れてきた。松吉と名乗るその老人は麓郷の開拓者の一人で、一時豆で大儲けしたことがあったが、その後妻も子も土地も捨てて麓郷を出ていったという伝説の人物であった。五郎の件を聞き付けた松吉は自分の山を売れば良い、というが、実は松吉はぼけていて彼は昔の良い思い出しか覚えていなかったのだった。

 借金は自分一人で何とかすると言い張る五郎はつい正吉に辛くあたってしまい、正吉は家を飛び出る。翌日、純たちに気付かれぬように雪下ろしをしていた正吉は、あやまって屋根から落ちてしまうが、五郎の発見により一命はとりとめた。純は正吉が母の借金のことを知って、なんとかできることをしようとしたのだ。純は涙が止まらなかった。
 結局五郎が背負ってしまったみどりの借金は麓郷の村の人たち皆で何とかすることに落ち着いた。その後、松吉の孫娘である妙子が松吉に、松吉が村を出ていった後、自分の母や祖母がどんなに辛い日々を送ったのかを言い聞かせた。しかし、すでにぼけてしまっている松吉は真冬の雪のつもった畑に豆を捲こうとさえするのだった。それを呆然と見つめる麓郷の人々と泣き崩れる妙子。

 1月10日、五郎は出稼ぎのため東京に発っていった。みどりはしばらく東京で暮らすことになったため、純と螢と正吉の三人での生活が始まった。

沢田松吉:笠智衆
かつて、豆の栽培で大成功し「豆大尽」と呼ばれたほどの名士。上京して事業をやっていたが、ふらりと富良野へ帰ってくる。五郎の借金の返済に自分の山を売ってお金にしようなどと気前のいいことを言うが、実はボケており、都合のいいことだけを覚えていただけだった。上京時には家族皆を放り投げ苦労をかけるなど、ひどいことをしていたらしい。
沢田妙子:風吹ジュン
沢田松吉の孫娘、ラーメン屋で働いている。一時は草太が懇意にしていた。
時夫:笹野高史
草太の友人で、青年団の「農村花嫁対策委員」。「2002」では草太の意思を継ぎ、蛍たちの結婚式を盛大に行おうとした。
水沼什介:木田三千雄
「豆大尽」時代の松吉を知る幼馴染で、帰郷時には世話役をした。歓迎会ではバイオリンを弾いて持て成す。
和泉会長:奥村公延
麓郷振興会会長。五郎が背負った借金の解決策を決めて報告に訪れる。
by saitoru1960 | 2013-06-29 15:15 | 物語

驚きと懐かしさの混ざった写真を発見

昨日、朝霧南にあるFIESTAの横を走ると、なんと、懐かしい「Off Shore」の看板を発見。
ネットで「Off Shore」の映像がないかと、検索してみると出てきました。
f0013998_21262089.jpg
「Off Shore」はモルディブに行く前によく行った、あまり人に教えたくない隠れ家みたいな存在の喫茶店。
ここで飲むラムクリームコーヒーは絶品だった。
よくここでテストの採点をこっそりしていたものだ。
今は謎のクラフトショップのような店構えでやっているけど、もう一度喫茶店をしてくれないかな、と思う。
あそこでだったら、損得抜きで喫茶店をしてみてもいいかもしれない。
なぞのアジアンテーストを漂わせながら・・。
f0013998_2140181.jpg
f0013998_21401450.jpg

もうひとつ見つけた、これはもっともっともっと前の写真。
記憶の彼方にうっすら残っている映像。
確かにあったような気がする。
小学校の頃かなあ・・。
f0013998_21313190.jpg

調べてみると、
「シートピア明石丸」と言う名前でレストランとしての営業は1973年から1980年まで」、ということだった。(写真は1978年7月。)
by saitoru1960 | 2013-06-24 21:31 | いろいろ

Asian Night

今年も始まった、月に一回の丸五市場アジアンナイト。
なんと、前ヤンと数年ぶりの再会を果たす。
まさか、こんな場所で会うとは、驚きでした。
トッポギ、マッコリ、ステーキ、タンドリーチキンとナン、そこに謎の飲みものアップルが加わる。
f0013998_17524079.jpg
無料で生ギター伴奏をしてくれる。
f0013998_1752528.jpg
f0013998_1753455.jpg
神出鬼没、タブラのおじさん。
f0013998_17531824.jpg
「ナン」ではないのに「ナン」として売るところに商魂を感じる。
f0013998_17533165.jpg
すじシチュー。
f0013998_17534146.jpg
f0013998_17535140.jpg
f0013998_1754260.jpg
冷やしキューリの一本刺し。
f0013998_1754129.jpg
f0013998_17542341.jpg
ナシゴーレン500円。生マンゴージュースは300円。マンゴジュースは旨かった。
f0013998_17543398.jpg
f0013998_17544639.jpg
f0013998_17545987.jpg
ミャンマーカレーは大人気。なんといっても珍しい。
f0013998_17551116.jpg
新長田の飲みもの「アップル」は黄色く甘い炭酸水。
f0013998_17552216.jpg
タンドリーチキンナンは500円。
f0013998_17553548.jpg
「アップル」の製造元は「兵庫鉱泉所」。一体そこはどこにあるのでしょう?
f0013998_17554717.jpg

by saitoru1960 | 2013-06-22 12:28 | アジア

光の転機

先週(14、15日)文化祭を終えた光。
今日、家に帰ってくると、「おかあさん、バスケ部入っていい?」と聞いてきた。
保健の授業の後で、講師で保健を受け持っている伊藤先生から、「やらんでええんか!?」と誘われたということだった。
ここまで入学してから2ヶ月と少し。
光の心の中にも何かが熟してきていたのだろう。
啐啄同機(そったくどうき)とはまさにこのことだ。
殻の外からのつつきは伊藤先生のことば。
早くても遅くても、光のこのセリフは出てこなかったはずだ。
先生からのひとことが光の未来を動かしたことになるかもしれない。
by saitoru1960 | 2013-06-20 22:41 | 家族

one more coffee

f0013998_14174641.jpg
その日ならば同じものを100円で買えるということで、初めて買ったドリップコーヒーのベンティサイズ。マリンピアからの帰りにつつじが丘でも購入。590ccも入っているのですごい量だ。420円なり。
by saitoru1960 | 2013-06-16 14:19 | いろいろ

久しぶりのロング

f0013998_10564929.jpg
伊川谷回りの2号線、妙法寺までの29.7km。2時間44分00。Ave5.29/1km。
最近の体のだるさを差し引いてもまあ良しというところ。
昨日から、Dear-Natura「鉄×マルチビタミン」を飲み始める。鉄18mg。
by saitoru1960 | 2013-06-16 11:00 | ランニング

宮古島から届いたプレゼント

さるかの会の松原さんからお菓子が届く。
一つ一つ小袋に詰め、シールを貼り、セロテープで止めてあった。
ゆうパックのダンボールに綺麗に並べられた様子を見ながら、モルディブや、アデラの人たちの心遣いを想い出した。
時間がかかってもその分心がこもっている。
f0013998_21292060.jpg

by saitoru1960 | 2013-06-12 21:29 |

心動かされたことを忘れぬように


by saitoru1960
プロフィールを見る