<   2013年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

20kmと銀の匙

f0013998_10592585.jpg
2週間ぶりに20km。今日も天気が良く、垂水から須磨までの海岸線ではたくさんのランナーとすれ違った。
にっこり気軽に挨拶をくれる人、自分一人の世界の人、いろんな人がいるけれど、やはり「こんにちは!」と声が返ってくると、いい気持ちになる。
海岸線の瀬戸内のキラキラは、いつ走っても気持ちのいいコースだ。
f0013998_112579.jpg
ブックオフのメールのお知らせで衝動買いしたコミック「銀の匙」。
金曜日から読み始めたけれど、なんとも面白い。
わかばの大学生活を少し垣間見ているような気もしている。
今年は、「北の国から」も含め、北海道に思いを馳せることが多いけれど、人生のいろんな枝葉を削ぎ落としていった先に残る、自分自身のこれだけは捨てられない大切なものとは?、という命題の答えに少しずつ近づいていっている心地よさを感じている。
by saitoru1960 | 2013-10-27 11:09 | 休日

うますぎる!

f0013998_1722714.jpg
f0013998_17221480.jpg
篠山での駅伝試走で買った黒豆の枝豆。
自分でゆがいたからかもしれないけれど旨すぎる。
by saitoru1960 | 2013-10-26 17:24 | いろいろ

大統領選挙の行く末

モルディブ大統領選、2人で決選投票
(2013/9/9)

 インド洋の島しょ国モルディブの選挙管理委員会は8日、7日の大統領選の開票結果を発表した。立候補した4人全員が有効票の過半数を獲得できず、得票がトップのナシード前大統領(46)ら上位2人による決選投票が28日に行われることになった。
 上位2人の得票率は、昨年2月の軍と警察によるクーデターで失脚したナシード氏が45%で、2位の国会議員アブドラ・ヤミーン氏(54)が25%だった。
 クーデターの時まで副大統領で、ナシード氏に離反して政権トップの座を奪ったワヒード大統領(60)はわずか5%の得票で惨敗。2008年まで30年間、ガユーム元大統領(75)による独裁体制下で言論弾圧などを強いられた国民の反クーデター感情が鮮明となった。
 ヤミーン氏は、今も富裕層などに人気が根強いガユーム氏の異母弟。決選投票では、3位以下の候補を支持した有権者の「反ナシード票」を取り込めるかが鍵になる。(マレ=共同)

モルディブ大統領選、やり直し 選挙無効の判決
(2013/10/8)

 【ニューデリー=岩城聡】モルディブの最高裁は7日、9月7日に行われた大統領選の第1回投票で不正があったとして、選挙結果を無効とする判決を下した。そのうえで今月20日までに再投票を行い、過半数を獲得する候補者がいない場合は11月4日までに決選投票を行うよう命じた。
 第1回投票では、昨年2月のクーデターで失脚したナシード前大統領が圧勝したが過半数に届かず、2位の候補者との決選投票が予定されていた。しかし、3位になった候補者が二重投票などがあったとして、最高裁などに選挙の無効化を訴えていた。

モルディブ、大統領選の再投票中止 警察が妨害
(2013/10/19)

f0013998_8543676.jpg
モルディブの大統領選が警察の妨害で中止に。首都マレで抗議の座り込みをする人々(19日)=共同
 インド洋の島しょ国モルディブの選挙管理委員会は19日、同日実施予定だった大統領選の再投票を中止すると発表した。同日早朝に選管が準備作業をしていたところ、警察当局に妨害され、選挙の実施が困難になったと判断した。
 11月11日に現大統領の任期が切れるため、大統領府は再投票日を10月26日にするよう選管と各候補に促す声明を出したが、実施されるかどうかは不透明だ。
 9月7日に実施された選挙では、昨年2月のクーデターで失脚したナシード前大統領が1位を確保。妨害はその復職を阻止するためとの見方が支持者の間で強まり、首都マレの各地ではデモや街路の封鎖など抗議活動が広がった。(マレ=共同)

モルディブ大統領選再投票、11月9日に
(2013/10/22)

 【ニューデリー=共同】大統領選をめぐり混乱が続くインド洋の島しょ国モルディブの選挙管理委員会は21日、警察の介入で中止された大統領選の再投票を11月9日に行うと発表した。地元メディアが報じた。
 11月9日の投票で過半数の票を獲得する候補がいない場合は、決選投票を16日に実施するとしている。しかし、ワヒード現大統領の任期が11日で切れるため、決選にもつれ込めば混迷がさらに深まる可能性がある。
 大統領選は9月7日に一度行われたが、最高裁が有権者登録の不正があったとして無効と再投票を決定。今月19日の予定だった再投票も、最高裁が示した実施条件を満たしていないとする警察が選管の選挙準備を妨害して中止となった。
by saitoru1960 | 2013-10-24 05:54 | モルディブ

おやつはべつばら

f0013998_21521100.jpg
大西のみたらし団子は1串75円。
先週土曜日に実家にういろうを買うと、袋の中に「第11回おやつはべつばらスタンプラリー」のスタンプシートが入っていた。
長田神社前商店街のお店でお菓子を買うと押してもらえるスタンプ。
10月12日からスタートし、11月9日が最終日。
現在、ういろう、ハラダのパン、そして大西のみたらしと3つのスタンプをゲット。
しばらくお土産を買いたくなる日が続くのか・・。
by saitoru1960 | 2013-10-16 21:11 | いろいろ
作詞:松本隆 作曲:山下達郎

雨は斜めの点線
ぼくたちの未来を切り取っていた
窓の板ガラスへと
「自由」って言葉を書いては消した

Crying like the rain
生きることは悲鳴だね
時代の海を木の葉のように迷うだけ
ただ涙は青くこわいほど透けていた

いつか晴れた日に 君と野に咲く花探そう
いつか晴れた日に君と
いつか(明日天気になあれ)
いつか(雨のち晴れ)
Ah! ah! Clear Sky!

傷つくことを怖れ
黙るより孤独と戦いたくて
泣きたいような夜は
「希望」ってロウソク胸にともした

Crying like the rain
こわれかけたプラモデル
翼もなしに 想い出だけが舞い上がる
ただ見上げる瞳こわいほど澄んでいた

いつか晴れた日に 君と線路沿いに歩こう
いつか晴れた日に君と
いつか(明日天気になあれ)
いつか(雨のち晴れ)
Ah! ah! Clear Sky!
あの頃の少年に逢おう

いつか晴れた日に君と
野に咲く花探そう
いつか晴れた日に君と
いつか[明日天気になあれ]
いつか[雨のち晴れ]
Ah! ah! Clear Sky!

いつか晴れた日に 君と線路沿いに歩こう
いつか晴れた日に君と
いつか(明日天気になあれ)
いつか(明日天気になあれ)
いつか(明日天気になあれ)
いつか(雨のち晴れ)
Ah! ah! Clear Sky!
Ah! ah! Clear Sky!
Ah! ah! Clear Sky!
あの頃の少年に逢おう
あの頃の少年に
少年に
少年に…
f0013998_1520374.jpg

by saitoru1960 | 2013-10-16 05:11 |

久しぶりに・・

20kmを走る。垂水から須磨までの道では天気も良かったので、たくさんのランナーと挨拶を交わす。
見知らぬ人たちとの挨拶は気持ちのいいものだ。
f0013998_17571763.jpg
昼からメリケンパークで開催されている「インディアメーラー」を見に行く。
f0013998_17584591.jpg
大阪からもインド料理店が参加していた。簡易タンドールもナンなどを焼いている。
f0013998_17591167.jpg
ナンと2種類のカレーは600円。
f0013998_1759137.jpg
別の店では、珍しいチャパティのセット。カレー料理3種類とチャパティ3枚で600円。でも、チャパティは極小だった。
f0013998_17592721.jpg
どっちも600円。
f0013998_17593758.jpg
任期終了間近の神戸市長。
f0013998_17595025.jpg
マンゴジュース1瓶100円。
f0013998_180833.jpg
べーべーも。
f0013998_1801973.jpg
ヒンディー文字講座も。
f0013998_1802844.jpg
state bank of India
の懐かしいマークを発見!
f0013998_1804098.jpg
f0013998_1805836.jpg
帰りにそごうの北海道物産展を目指す。
f0013998_1813536.jpg
f0013998_1814618.jpg
f0013998_182373.jpg
帯広に海なんてないのに
f0013998_1831853.jpg
f0013998_1823838.jpg

by saitoru1960 | 2013-10-13 18:02 | 休日

ガングリオン吸い出し

5カ月ぶりに横尾ビルの整形外科で大きくなったガングリオンのゼリーを吸い出してもらう。
一体このゼリーは何なのだろう。
いいもんなのか悪いものなのか。
f0013998_7585690.jpg
f0013998_759742.jpg

by saitoru1960 | 2013-10-07 21:47 | いろいろ
ネットは世界につながっている。一度放流されたデータは二度と削除できない。回収することも訂正することもできない。これらのインターネット基礎知識は、もう10年も前から常識化していたはずのイロハのABCだ。

 とすれば、メッセージ着信音を子守唄に育ってきたはずの現代の若者が、最も基礎的なネットリテラシーであるはずの個人情報の扱いに関して、かくも無防備であるというのは、そもそも話のスジとしておかしい。

 しかしながら意外千万なことに、ネットリテラシーを身に着けていない若者は実在する。
 どういうことなのかというと、若い世代の中には、広い意味でのインターネットとは無縁な生活をしている若者たちがかなり大量に含まれているということだ。

 その「非インターネット」なネット利用者は、ネットの広大さやネットの危険性についてほとんど何も知らないまま恒常的にネットを利用している。
 彼らは、非常に狭い範囲でしかインターネットを利用していない。

 具体的に言うと、ツイッターやフェイスブックやLINEといった、ごく限られた仲間との連絡用にネットを利用するだけで、そのほかのインターネットの機能やスキルについてはまるで無関心な若者たちが、大量に発生しはじめているわけなのだ。

彼らにとって、インターネットは、「ちょっと多機能な電話」以上のものではない。
 彼らには、それ以上の機能は要らない。
 というよりも、自分の手で直接に触れることのできる世界より外側にあるより広い世界にはそもそも興味が無いのかもしれない。

 30歳より上の人間(あるいは40歳以上かもしれない)は、前提として、パソコンからインターネットに入っている。
 だから、この世代でネットを利用する人間は、ウェブブラウザや、匿名掲示板や、ニュースサイトや、ウィキペディアといった、一般的な意味でのインターネットの利用法について最低限の知識とスキルを持っている。

 ところが、20代以下の若者たちの中には、いきなり携帯やスマホでインターネットに入り込んで、PCでのインターネットを経験せずに、そのままネット内に滞在している子供たちがいる。

 と、彼らにとってのインターネットは、「世界」ではない。
 どちらかといえば、「部屋」に近い。
 あるいは、たとえて言うなら、昔、大学のサークルの部室や、ユースホステルにおいてあった連絡ノートみたいなものなのかもしれない。

 とにかく、彼らは、あくまでも、顔を思いうかべられる範囲のリアルな仲間との連絡用のツールとしてのみインターネットを利用している。

 であるからして、LINEであれツイッターであれ、その利用者が意識するのは、アカウントを交換し合っているリアルな仲間だけということになる。

 そういう中で暮らしている限りにおいて、「世界」(外の世界)の悪意やプロトコルには無関心になる。
 だから、個人情報を交換することにもためらいは無いし、時にはスピード違反自慢や未成年飲酒に関わる情報も書き込んでしまう。

f0013998_5394763.jpg

by saitoru1960 | 2013-10-03 05:37 | いろいろ

心動かされたことを忘れぬように


by saitoru1960