<   2017年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

栄一の13回忌で川南へ

JR九州の珍しい電車を宮崎駅で発見。
f0013998_21405664.jpg
お父さんがふらふらするからと病院に行くと、頭蓋骨の後部で内出血があったということだった。
f0013998_21410431.jpg
道の駅「つの」のすぐ裏にあるお母さんの畑。真一くんが植え付けているということだったけれど、手さばきといい、段ボールを持ち上げる姿といい、80歳前のおばあさんには到底見えない。
f0013998_21411210.jpg
大きな白菜と、ブロッコリーをとったそのまま送ってもらった。
f0013998_21412518.jpg
軽自動車を運転する姿も、高齢者の危うさは全く感じられない。
f0013998_21414369.jpg
大きなブロッコリー。
f0013998_21415231.jpg
イチゴの値段も格安で、かつ味も良い!このでかさと値段は神戸には絶対ない。
f0013998_21420689.jpg
5cmは超えている大きさ。
f0013998_21421517.jpg
右のフラワーアレンジメントは63-1のスリランカ組からのもの。
f0013998_21423220.jpg
車を北に15km走らせ、大漁丸というレストランへ。
f0013998_21424164.jpg
チキン南蛮を注文。真恵ちゃんは16歳。
f0013998_21425373.jpg
川南駅に小雨が降っていた。
f0013998_21430232.jpg
お母さんが作ったこの落花生の味は、スーパーで売っているものには絶対ない味。
f0013998_21431576.jpg
道の駅でお母さんが買ってくれたのは、葉ニンニク、ネギ、ミカン、キュウリなどなど。どれも格別に安い。
f0013998_21432393.jpg

by saitoru1960 | 2017-01-30 21:45 | 仲間

最後のロング

東京前最後のロングに30km走る。
1か月ぶりの30kmだったけれど、なかなかい感じで走れ左膝にも痛みは出なかった。
f0013998_14013882.jpg
5k-30.27、10k-28.29、15k-28.53、20k-28.05、25k-28.11、30k-27.34、30.1k-2'52'34
2号線の垂水以降で1kmごとのラップを見ると、
5.27歩道橋、5.38海浜公園、5.44ポイント、5.40JR塩屋、5.37ガスト、5.35GS、5.31須磨寺、5.27酒屋
となり、25km過ぎてからも5分40秒くらいで推移している。
1km、5分40秒でトータル4時間を切ることになる。
さて、

by saitoru1960 | 2017-01-28 22:55 | ランニング

69最後の学年集会で

私が最初に勤めた学校の横には桜のトンネルがありました。
学校は長い坂の上にあり、学校の横にある坂道の両側に植えられた桜並木の坂道は4月当初、それはみごとな桜のトンネルになります。
私は新学期が始まって新しいクラスになると、初日か2日目のLHRの時間によくこの桜のトンネルに生徒を連れていきました。1年生にとっては、いろんな中学校から集まってきた全く知らない子達の中に一人ぼっちでいるような気分で、とても静かに教室を出ることになります。
トンネルまでの時間もあまり私語は聞こえてきません。
そして、桜のトンネルを目にした時、どんなことが起こるか想像してみて下さい。
そう、「わー、きれい!」って声に出す子がいるのです。ずっと下を向いていた子が桜の花を見て柔らかい表情を見せたりもします。
「きれいやね」、と自然に言葉を返す子も出てきて、静かだった集団はザワザワし出します。
そして、このザワザワによって「わたしはこんな集団の一員になったんだな」と確認して、安心感を持ち、居心地が少しだけよくなる子が出てきたりするのです。

修学旅行で、料理を食べた時のことを思い出して下さい。
どこかのレストランで、あきらかに桜を見た時とは逆の反応を示した人がたくさんいましたね。
くさっ、何これ!?、無理!、顔をしかめる、など桜のトンネルを見た時の反応とは正反対の反応をたくさんの人達が示しました。
あの臭いの正体はパクチーです。
タイ語でパクチー、中国語ではシャンツァイ(香菜)と呼ばれ、東南アジアでは料理によく使われるので、マレーシアの修学旅行で出会った人がいるかもしれません。
独特の臭いですね。カメムシの臭いにも近いものがあります。
桜のトンネルを見た時のリアクションと、初めて匂いを嗅いだパクチーに対するリアクションとではまさに真逆の方向を示すのですが、ここに一つ「物の考え方」へのヒントが隠されていると思います。
このパクチーはなんと、「パクチー料理」と名前をつけられ、2016年、「今年の一皿」に選ばれたのです。
たくさんの人が、「いい香り!」、「美味しい!」と絶賛し、SNSに流していくことで、あっという間にマイノリティーはマジョリティーとなり、「時の人」ならぬ、「時の料理」となってしまいました。
簡単な言い方をすれば、くさいにおいだったのがいい香りになった、といういい方ができるかもしれません。
たくさんの人が「これはいい」と言えば、自分の「これはおかしい」という意見が変わってしまうというってことですよね。悪いように言うと、周りに流される、といういい方をするかもしれません。
でも、これってね、悪いことではないと思うのです。
他の人が認めてくれると、自分の価値観をいい方向に変えられる柔軟性があるってことだと思うのです。
最初に出来てしまった価値観で自分をギリギリ縛ってしまうと、新しい価値観と出逢うチャンスを失ってしまうかもしれないという一つの例になるのかもしれません。

前の学年集会で流れた松井先生の映像の中に、NHKの番組「プロフェッショナル:仕事の流儀」で使われている曲「prpgress」が流れましたね。「あと一歩だけ前に進もう」というあれです。
10年も続いている番組なので、みんなあの曲をどこかで耳にしたことがあると思うけれど、わたしは去年の11月にたまたまあの番組を見た時、あの曲の歌詞がググッと入ってきたのです。
その回は、高校生がプロフェッショナルに弟子入りするという内容でした。天ぷら職人、掃除のプロ、編集者、それぞれに18歳が弟子入りし、進路を模索していく過程が描かれていました。

あの歌の歌詞をじっくり読んだことのある人はいますか。
あの歌詞は、今の君たちがあと10年もした頃に、「昔の自分を振り返った時、今の自分はどうなんだろう」という応援歌です。
1番にこんな歌詞が出てきます。
「ずっと探していた 理想の自分って もうちょっとかっこよかったけれど」
と振り返ります。そして、
「僕が歩いてきた日々と道のりを ほんとはジブンていうらしい」と続き、「あと一歩だけ前に進もう」となります。

最も強烈だったのは、2番に出てくる歌詞です。
「ガラスケースの中 飾られた悲しみを見て かわいそうに なんてつぶやいてる こんな自分 」
このあとにどんな言葉が出てくると思いますか。
「ガラスケースの中 飾られた悲しみを見て かわいそうに なんてつぶやいてる こんな自分 」
「蹴りたくなるくらい キライ」です。
蹴りたくなるくらいキライ、「昔のオレ(わたし)はどうしてしまったんだ、こんな自分じゃなかっただろう」ってことですよね。
理想の自分を探していた頃の自分は、飾られた悲しみを見た時一体どう反応したのでしょう。
ここにいる1人1人が、これからそんな人生の期間に入っていくので、飾られた悲しみに出くわした時、自分が反射的にどんなリアクションをとるか、きちんと覚えておいた方がいいと思います。

もうひとつ。歌詞にはこんな言葉もでてきます。
「誰も知らない世界に向かっていく勇気を(     )っていうらしい」

答えはミライです。
勇気があると自分のミライは開けるって意味です。
「勇気」ってなんでしょう。
迷っていて選んだ選択肢。他の人が、何でそんなことを選ぶん!?・・、という状況かもしれないとき、
「あいつならわかってくれる」、と思える誰かがいるだけで出るもの。それって勇気じゃないですか。
この誰かっていうのは、友達、家族になるかもしれません。
去年の文化祭でこんなことがありました。
金曜日の校内祭の時です。一般客は入ってこられない日です。
暗がりの中、バトン部のステージを後ろの壁にもたれて見ていると、ふと後ろの方の席に座っているお母さんががうなづきながら演技を見ているのに気づいたのです。
「娘の最後の晴れ姿を見に来たんだろうな。」とこっちまで同じように親の気持ちになってしまいました。
そのうち、その人はポケットからハンカチを取り出し、そっとこぼれる涙をふいたのです。
こっちも思わず涙が出そうになりました。でも次の瞬間、涙は止まりました。
横顔がこっちを向き、顔が見えたのですが、なんとそのお母さんはお母さんではなく、1年上のバトン部の卒業生だったのです。

思い切って「勇気」をふりしぼろうとする時、
「あいつなら」と自分を思ってくれる人がいるだけで最初の一歩を踏み出せる時があります。。
そしてもうひとつ、自分のことを見ている誰かがいる、という状況も同じような行動をとらせてくれます。
部活動をやりきった人達には、先輩と後輩がその存在です。
先輩が自分達を見て流した涙は一体何の涙なのか。
「私たちの渡したバトンをちゃんと受け取ってくれてありがとう」っていう涙かもしれません。
先輩に泣いてもらえた事実は「勇気」をふりしぼるエネルギーをうむことでしょう。
そして、自分たちも同じように後輩から見られているということを覚えておいていいと思うのです。
いつまでもあなたたちは、2年生と1年生にとってのは先輩なのです。
「やっぱり先輩はすごい」と思われ続けること。それが将来にわたるあなた達の背中を押す力を生みだしますよ。
是非、3送会では受験の話ではなく、先輩からの最後のメッセージとして、これからの自分自身の話をしてあげて下さい。
高校3年間で自分がもらった宝物を次のランナーにバトンタッチするように。

これで私の話は終わりです。
1カ月後の予行・卒業式の日に元気でまた会いましょう。


by saitoru1960 | 2017-01-26 22:18 | ひとりごと

少しずつ前に進む

早朝学習を始めて3週間が過ぎた。
4時15分頃に起きて6時前までの約90分を勉強時間に充てることが通常になってきた。
アルクのリーディングとリスニングの300問。
千本ノックを4冊手に入れ何回か繰り返している。
去年の単語本も通勤ランの時聞いていくと、これも少しずつ思い出してくる。
せっかくなのでGTECも3月に3回を目処に受ける予定。


by saitoru1960 | 2017-01-25 05:30 | SVへの道

新しいiPadカバー

f0013998_21011563.jpeg

by saitoru1960 | 2017-01-12 21:01 | いろいろ

コレステロール値は正直

1月9日の献血結果が届いた。
やはり、という感もあるけれど、あっけなく数値は戻ってくる。
秋募集で目の前から希望が消えたことで自分自身の緊張感がなくなったのだろう。
反動は大きい。
2015年
8月:235
11月:254
12月:246
2016年
2月:262#
6月:226
7月:228
9月:241
10月:250
12月:257
そして、1月:275#
さて・・・・。


by saitoru1960 | 2017-01-12 05:29 | SVへの道

現状への不安

英語のスコアがレベルBには10点足らないことで、GTECかTOEICのテストを受けなければならない。
1月4日から再び早朝の英語学習を開始する。
新しく購入したTOEICのリーディング対策本を手がかりに、でる単スピードマスターも本棚から引っ張り出し、ウオークマン用音源もWEB上で入れ直した。
朝の1時間だけでは追いつかないかもしれないので、英文を読むことに慣れ、単語を覚える作業にエネルギーを注がなければならない。
TOEICの申し込み締め切りになる2月末までにGTECのテストを受ける計画だけれど、もしそこで点数をクリアできたとしてもせっかくなので4月のTOEICを受けてみてもいいかなと思っている。
2月にはシニア短期のミヤンマー体育が出て来る予定で、再び応募者がないということも可能性は高い。
体育に「レベルB」を求めることで高いハードルになり応募者が出てこないのであれば、それをどうとらえるか。
相手国、もしくはアドバイスしている現地の日本人が、一番求めているものは何なのかきちんと見極められないと、現場で必要としている声に応えることはできない。
そこに気づいて、追加の4月以降の春募集で「レベルC」に変更になっていたら、それはそれでOKになるのだと思う。
その時までには「B」に合わせた準備とスコアがクリア済みとなることが必要条件になるのだから。

それとは全く違う不安材料がでてきた。左膝の塩梅がどうも気になる。
7日の須磨海岸往復の日も夜左腰の辺りがひどく痛み、キロ5分少しのペースで藤井や前田と走ったのが原因ではない気がしている。
半年以上ストレッチを続けてもなかなか柔軟性が向上してこないことも思うような進展ではなく、57歳になる身体には少しずつ老化の影響がでてきているのだろうか。
なんとか間に合わせなくては。


by saitoru1960 | 2017-01-09 05:28 | SVへの道

一会

HATの109に中島みゆきのフィルムコンサート「一会」を観に行く。
f0013998_10503924.jpg
f0013998_10510791.jpg
f0013998_10513220.jpg
知っている曲は少なかったけれど、歌詞を何とか拾おうと聴いていた。




by saitoru1960 | 2017-01-08 20:48 |

ここまで

去年の6月にTOEICの試験が終わってから、身体づくりにシフトしたつもりでここまで来ていた。
手帳に残っている記録をまとめてみると、トレーニングをした日数は、
6月(26日~)、4日
7月、18日
8月、3日
9月、15日
10月、14日
11月、18日
12月、9日、となっている。
時間をかけているけれど、右の内転筋がなかなか柔らかくなってくれない。

記録している月別最低体重も、
6月、77.4kg
7月、77.0kg
8月、なし
9月、78.3kg
10月、78.3kg
11月、78.2kg
12月、80.7kg。
間食や、アルコールの摂取量も去年の夏よりは増加しているのは事実だ。
献血でのコレステロール値も次第に上がってきて、12月初めの値では上限にあとわずか、というところまで戻ってきていた。
奮起するしかない。

TOEICの受験は、4月9日(日)。申込は2月28日が締切日。
GTECの受験をTOEIC申込日までに行い、スコアがクリアできるかどうかが問題となる。
GTECの問題数が少ないのがどう影響するのか、問題集もないので一度受けてみないといけないか。


by saitoru1960 | 2017-01-06 05:27 | SVへの道

GTECの勉強もTOEICの問題集で

4月のTOEICの結果発送予定日は5月9日で締め切り後になる。
去年の結果発表を見てみるとWeb上での知らせは1週間前に届いている。
GTECの模擬テストをやってみても、この先どう勉強していけばいいか見通しが立たないので、とりあえずTOEICの長文問題をとき始めようかと問題集を購入した。

GTECのLRテストは次の内容。
●リスニング●(合計11分で27問)
Part A 写真+質問                     
Part B 質問文を聞いて、3つのうちから1つ正解を選ぶ(会話) 
Part C 質問文を聞いて、問題文を読み4つの中から正解を1つ選ぶ
●リーディング●
Part A (  )埋め (語彙)                
Part B 短文 → 質問に答える
Part C 長文 → 1問に質問3つで2問

TOEIC  120分で200問 5565円

GTEC-LR 自宅受験1回 2,160円(消費税等込)
GTEC-LR 自宅受験3回 5,140円(消費税等込)

GTECの受験とTOEICの受験両方を考えながらとりあえずは準備を進めよう。
f0013998_05270721.jpg

by saitoru1960 | 2017-01-04 05:26 | SVへの道

心動かされたことを忘れぬように


by saitoru1960
プロフィールを見る