<   2017年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

栄一の13回忌で川南へ

JR九州の珍しい電車を宮崎駅で発見。
f0013998_21405664.jpg
お父さんがふらふらするからと病院に行くと、頭蓋骨の後部で内出血があったということだった。
f0013998_21410431.jpg
道の駅「つの」のすぐ裏にあるお母さんの畑。真一くんが植え付けているということだったけれど、手さばきといい、段ボールを持ち上げる姿といい、80歳前のおばあさんには到底見えない。
f0013998_21411210.jpg
大きな白菜と、ブロッコリーをとったそのまま送ってもらった。
f0013998_21412518.jpg
軽自動車を運転する姿も、高齢者の危うさは全く感じられない。
f0013998_21414369.jpg
大きなブロッコリー。
f0013998_21415231.jpg
イチゴの値段も格安で、かつ味も良い!このでかさと値段は神戸には絶対ない。
f0013998_21420689.jpg
5cmは超えている大きさ。
f0013998_21421517.jpg
右のフラワーアレンジメントは63-1のスリランカ組からのもの。
f0013998_21423220.jpg
車を北に15km走らせ、大漁丸というレストランへ。
f0013998_21424164.jpg
チキン南蛮を注文。真恵ちゃんは16歳。
f0013998_21425373.jpg
川南駅に小雨が降っていた。
f0013998_21430232.jpg
お母さんが作ったこの落花生の味は、スーパーで売っているものには絶対ない味。
f0013998_21431576.jpg
道の駅でお母さんが買ってくれたのは、葉ニンニク、ネギ、ミカン、キュウリなどなど。どれも格別に安い。
f0013998_21432393.jpg

by saitoru1960 | 2017-01-30 21:45 | 仲間

最後のロング

東京前最後のロングに30km走る。
1か月ぶりの30kmだったけれど、なかなかい感じで走れ左膝にも痛みは出なかった。
f0013998_14013882.jpg
5k-30.27、10k-28.29、15k-28.53、20k-28.05、25k-28.11、30k-27.34、30.1k-2'52'34
2号線の垂水以降で1kmごとのラップを見ると、
5.27歩道橋、5.38海浜公園、5.44ポイント、5.40JR塩屋、5.37ガスト、5.35GS、5.31須磨寺、5.27酒屋
となり、25km過ぎてからも5分40秒くらいで推移している。
1km、5分40秒でトータル4時間を切ることになる。
さて、

by saitoru1960 | 2017-01-28 22:55 | ランニング

69最後の学年集会で

私が最初に勤めた学校の横には桜のトンネルがありました。
学校は長い坂の上にあり、学校の横にある坂道の両側に植えられた桜並木の坂道は4月当初、それはみごとな桜のトンネルになります。
私は新学期が始まって新しいクラスになると、初日か2日目のLHRの時間によくこの桜のトンネルに生徒を連れていきました。1年生にとっては、いろんな中学校から集まってきた全く知らない子達の中に一人ぼっちでいるような気分で、とても静かに教室を出ることになります。
トンネルまでの時間もあまり私語は聞こえてきません。
そして、桜のトンネルを目にした時、どんなことが起こるか想像してみて下さい。
そう、「わー、きれい!」って声に出す子がいるのです。ずっと下を向いていた子が桜の花を見て柔らかい表情を見せたりもします。
「きれいやね」、と自然に言葉を返す子も出てきて、静かだった集団はザワザワし出します。
そして、このザワザワによって「わたしはこんな集団の一員になったんだな」と確認して、安心感を持ち、居心地が少しだけよくなる子が出てきたりするのです。

修学旅行で、料理を食べた時のことを思い出して下さい。
どこかのレストランで、あきらかに桜を見た時とは逆の反応を示した人がたくさんいましたね。
くさっ、何これ!?、無理!、顔をしかめる、など桜のトンネルを見た時の反応とは正反対の反応をたくさんの人達が示しました。
あの臭いの正体はパクチーです。
タイ語でパクチー、中国語ではシャンツァイ(香菜)と呼ばれ、東南アジアでは料理によく使われるので、マレーシアの修学旅行で出会った人がいるかもしれません。
独特の臭いですね。カメムシの臭いにも近いものがあります。
桜のトンネルを見た時のリアクションと、初めて匂いを嗅いだパクチーに対するリアクションとではまさに真逆の方向を示すのですが、ここに一つ「物の考え方」へのヒントが隠されていると思います。
このパクチーはなんと、「パクチー料理」と名前をつけられ、2016年、「今年の一皿」に選ばれたのです。
たくさんの人が、「いい香り!」、「美味しい!」と絶賛し、SNSに流していくことで、あっという間にマイノリティーはマジョリティーとなり、「時の人」ならぬ、「時の料理」となってしまいました。
簡単な言い方をすれば、くさいにおいだったのがいい香りになった、といういい方ができるかもしれません。
たくさんの人が「これはいい」と言えば、自分の「これはおかしい」という意見が変わってしまうというってことですよね。悪いように言うと、周りに流される、といういい方をするかもしれません。
でも、これってね、悪いことではないと思うのです。
他の人が認めてくれると、自分の価値観をいい方向に変えられる柔軟性があるってことだと思うのです。
最初に出来てしまった価値観で自分をギリギリ縛ってしまうと、新しい価値観と出逢うチャンスを失ってしまうかもしれないという一つの例になるのかもしれません。

前の学年集会で流れた松井先生の映像の中に、NHKの番組「プロフェッショナル:仕事の流儀」で使われている曲「prpgress」が流れましたね。「あと一歩だけ前に進もう」というあれです。
10年も続いている番組なので、みんなあの曲をどこかで耳にしたことがあると思うけれど、わたしは去年の11月にたまたまあの番組を見た時、あの曲の歌詞がググッと入ってきたのです。
その回は、高校生がプロフェッショナルに弟子入りするという内容でした。天ぷら職人、掃除のプロ、編集者、それぞれに18歳が弟子入りし、進路を模索していく過程が描かれていました。

あの歌の歌詞をじっくり読んだことのある人はいますか。
あの歌詞は、今の君たちがあと10年もした頃に、「昔の自分を振り返った時、今の自分はどうなんだろう」という応援歌です。
1番にこんな歌詞が出てきます。
「ずっと探していた 理想の自分って もうちょっとかっこよかったけれど」
と振り返ります。そして、
「僕が歩いてきた日々と道のりを ほんとはジブンていうらしい」と続き、「あと一歩だけ前に進もう」となります。

最も強烈だったのは、2番に出てくる歌詞です。
「ガラスケースの中 飾られた悲しみを見て かわいそうに なんてつぶやいてる こんな自分 」
このあとにどんな言葉が出てくると思いますか。
「ガラスケースの中 飾られた悲しみを見て かわいそうに なんてつぶやいてる こんな自分 」
「蹴りたくなるくらい キライ」です。
蹴りたくなるくらいキライ、「昔のオレ(わたし)はどうしてしまったんだ、こんな自分じゃなかっただろう」ってことですよね。
理想の自分を探していた頃の自分は、飾られた悲しみを見た時一体どう反応したのでしょう。
ここにいる1人1人が、これからそんな人生の期間に入っていくので、飾られた悲しみに出くわした時、自分が反射的にどんなリアクションをとるか、きちんと覚えておいた方がいいと思います。

もうひとつ。歌詞にはこんな言葉もでてきます。
「誰も知らない世界に向かっていく勇気を(     )っていうらしい」

答えはミライです。
勇気があると自分のミライは開けるって意味です。
「勇気」ってなんでしょう。
迷っていて選んだ選択肢。他の人が、何でそんなことを選ぶん!?・・、という状況かもしれないとき、
「あいつならわかってくれる」、と思える誰かがいるだけで出るもの。それって勇気じゃないですか。
この誰かっていうのは、友達、家族になるかもしれません。
去年の文化祭でこんなことがありました。
金曜日の校内祭の時です。一般客は入ってこられない日です。
暗がりの中、バトン部のステージを後ろの壁にもたれて見ていると、ふと後ろの方の席に座っているお母さんががうなづきながら演技を見ているのに気づいたのです。
「娘の最後の晴れ姿を見に来たんだろうな。」とこっちまで同じように親の気持ちになってしまいました。
そのうち、その人はポケットからハンカチを取り出し、そっとこぼれる涙をふいたのです。
こっちも思わず涙が出そうになりました。でも次の瞬間、涙は止まりました。
横顔がこっちを向き、顔が見えたのですが、なんとそのお母さんはお母さんではなく、1年上のバトン部の卒業生だったのです。

思い切って「勇気」をふりしぼろうとする時、
「あいつなら」と自分を思ってくれる人がいるだけで最初の一歩を踏み出せる時があります。。
そしてもうひとつ、自分のことを見ている誰かがいる、という状況も同じような行動をとらせてくれます。
部活動をやりきった人達には、先輩と後輩がその存在です。
先輩が自分達を見て流した涙は一体何の涙なのか。
「私たちの渡したバトンをちゃんと受け取ってくれてありがとう」っていう涙かもしれません。
先輩に泣いてもらえた事実は「勇気」をふりしぼるエネルギーをうむことでしょう。
そして、自分たちも同じように後輩から見られているということを覚えておいていいと思うのです。
いつまでもあなたたちは、2年生と1年生にとってのは先輩なのです。
「やっぱり先輩はすごい」と思われ続けること。それが将来にわたるあなた達の背中を押す力を生みだしますよ。
是非、3送会では受験の話ではなく、先輩からの最後のメッセージとして、これからの自分自身の話をしてあげて下さい。
高校3年間で自分がもらった宝物を次のランナーにバトンタッチするように。

これで私の話は終わりです。
1カ月後の予行・卒業式の日に元気でまた会いましょう。


by saitoru1960 | 2017-01-26 22:18 | ひとりごと

新しいiPadカバー

f0013998_21011563.jpeg

by saitoru1960 | 2017-01-12 21:01 | いろいろ

一会

HATの109に中島みゆきのフィルムコンサート「一会」を観に行く。
f0013998_10503924.jpg
f0013998_10510791.jpg
f0013998_10513220.jpg
知っている曲は少なかったけれど、歌詞を何とか拾おうと聴いていた。




by saitoru1960 | 2017-01-08 20:48 |

1月3日

初走りで恒例の三社詣りにでる。リファーレで記念撮影。
f0013998_18291428.jpg
板宿から育英の方へ登っていく坂の途中で見つけた自販機には、
f0013998_18302468.jpg
驚きのカインズオリジナルアルコールが売られていた。
f0013998_18303764.jpg
神撫台グラウンドに人影はなし。
f0013998_18305868.jpg
凡事徹底。ことばにすると空虚さを感じさせてしまう。
f0013998_18311088.jpg
右から2つが昔の部室。
f0013998_18312118.jpg
体育倉庫の後ろ側は心の鏡になるときもあったコース。
f0013998_18313203.jpg
獣道への階段。
f0013998_18314527.jpg
正面の金網を乗り越え、高速長田への道を急いだ高校時代。
f0013998_18315745.jpg
テニスコートに多数転がるボールを見て怒る。
f0013998_18320904.jpg
長田神社はドローン禁止。
f0013998_18322800.jpg
長田の人波はゆるやか。
f0013998_18324110.jpg
今年は布袋も脚の回復がままならず、5人で走る。
f0013998_18325358.jpg
湊川神社は過去最高の人波でピタッと流れが止まった。
f0013998_18330545.jpg
何故にこんなに混んでいたのかわからない。
f0013998_18331722.jpg
最後の生田さんはすっきりしたものだった。
f0013998_18332733.jpg
このあとここ最近の恒例、アグロの湯で箱根のゴールを見てから遅い昼ご飯を食べておしまい。



by saitoru1960 | 2017-01-03 18:44 | 仲間

1月2日

去年お世話になった破魔矢を戻しに多井畑厄神へ行く。2日の昼前は参拝客もそう多くなく、下の駐車場も少し待てば入ることができた。
f0013998_14413079.jpg
f0013998_14422745.jpg
本殿の上に行くと、昭和35年生まれは今年小厄ということだった。200円払ってお祓いをする。

f0013998_14425415.jpg

f0013998_14431811.jpg
おみくじは末吉。順番からすると凶の一つ前というものだったけれど、内容にそんな感じはなかった。

f0013998_14432872.jpg
f0013998_14433881.jpg
f0013998_14435091.jpg


by saitoru1960 | 2017-01-02 14:48 | いろいろ

2017元旦

6時30分頃に家を出て、オラガ山へ。紀伊半島の山の上に雲もなく、7時10分過ぎに登りきると既に初日が顔を出していた。
高倉台の途中で瀧本に会い、山頂で坂ちゃんにも会う。
帰りは横尾山の中腹を通って帰る。景色も気温も申し分なく気持ちのいい2017年の元旦だった。
昼から二人で海賊と呼ばれた男をHATに観に行き、ついでに7日から始まる中島みゆきのフィルムコンサートの前売り(2300円)を購入。
f0013998_19492491.jpg
f0013998_19493812.jpg
f0013998_20035422.jpg
f0013998_20042839.jpg
f0013998_20044339.jpg
f0013998_20050200.jpg
f0013998_20051722.jpg



by saitoru1960 | 2017-01-01 20:05 | 家族

心動かされたことを忘れぬように


by saitoru1960