<   2017年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

補欠の説明

門脇から、補欠について連絡が来る。
補欠は、こちらからおすすめ人材として在外事務所に「もしニーズがあれば案件形成してください」というような連絡をします。案件を形成してくれる可能性もあるし、無い場合もあります。
補欠の登録可能期間を聞かれているのではないかと思いますが、通常は秋募集までの間になります。
なので、1次隊から3次隊までになると思います。
また、合格人材が怪我とかで行けなくなった場合にも声がかかります。


by saitoru1960 | 2017-08-16 05:37 | SVへの道

補欠

JICAから封書が届く。
「補欠」にしますと書いてあった。
とりあえず、ミクロネシアではなくミャンマー隊員が決まっているということだけははっきりした。
---------------------------------------------------------------------------------------
シニア海外ボランティア
日系社会シニア・ボランティア
二次選考結果通知

貴殿は、先に実施した2017年度春募集二次選考の結果、下記のとおり補欠となりましたのでお知らせいたします。
受験番号:17100367
補欠要請:ミャンマー 体育 03017C10
今後、合格者の辞退があった場合、貴殿を繰り上げ合格の対象といたします。
応募時に提出いただいた情報から変更があった場合は、同封の登録情報変更届に記入して、JICAボランティア選考問い合わせ窓口まで郵送ください。
なお、2018年2月28日までに連絡のない場合は繰り上げはありませんので、予めご了承願います。
以上
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー------------------------------------
補欠者各位
登録のご案内

貴殿は、今回の選考において残念ながら合格にはいたりませんでしたが、受験された「職種」で合格者に準ずる登録者として登録いたします。
登録期間中は、合格者が辞退した場合に繰り上げの対象となる他、補欠要請以外においても貴殿を開発途上国側または中南米日系団体から受け入れたいという要請があった場合には、合格になる可能性があります。
ただし、いずれの場合も貴殿の条件と要請や健康条件が合致した場合となりますので、登録者となっても、必ずしも合格者とならないことを予めご承知おきください。
1.登録期間:登録同意書受理日~2018年2月末日(約6か月)
2.登録の手続き方法
①登録に同意される場合:同封の登録同意書に必要事項をご記入の上、2017年8月18日までに以下の住所までご郵送ください。
②登録を辞退される場合:8月18日までに以下の窓口までメールでご連絡ください。辞退された場合でも、補欠要請に対し6か月間登録され、合格者が辞退した場合には繰り上げ合格となる可能性があります。
3.派遣決定までの流れについて
・登録後、貴殿の情報を在外事務所と共有いたします。貴殿に見合う要請(長期または短期)がありましたら、速やかに当方よりご連絡し、派遣の可否の意思を確認いたします。
・派遣決定後は、通常募集(短期または長期)の合格者と同じ時期の派遣前訓練(研修)に参加していただく必要があります。
・直近の健康診断から派遣までの期間が6か月以上経過する場合、JICAの規定に基づき、健康診断を受診いただきます。その結果を踏まえ、派遣の可否を判断いたします。
4.登録期間中の応募について
・登録期間中に派遣が決まっていない場合であれば、シニア海外ボランティア(短期または長期)への応募は可能です。しかし、応募書類は改めて作成・提出していただく必要があります。
5.留意事項
・登録期間中に登録内容に変更がある場合、また登録解消をご希望される場合は、上記の窓口まで必ずメールでご連絡ください。
・登録者と当事務局との間には、身分上、その他の拘束関係はありません。
・登録期間開始及び終了に際し、特にご連絡は差し上げません。
・以下に該当する方は、登録が解除となります。
登録期間中に満70歳を迎えた方
健康診断の結果、派遣不可とされた方
登録者ご本人のお申し出により、時間的融通がきかなくなった方。
以上






by saitoru1960 | 2017-08-12 05:15 | SVへの道

永い夢から覚める

f0013998_14361128.jpg
本日、2次選考の発表日。
結果は不合格。
去年の3月からずっと見続けてきた永い夢から目覚めた。
「無給」と言われてからずっと、諦めるための心の準備と、僅かな期待と奇跡を信じてきた希望が混ざり合った状態が続いていた。
合格してから、校長を通してもう一度「有給」での追加措置を談判してもらう手はずであったけれど、何のことはない、あなたには力がありませんでした、と向こうからいらないといわれたのである。
スリランカ、栄一、体育、加齢、ミヤンマー、英語、トレーニング、別離、ネットの不安定さ、停電、自転車通行禁止、ロンジー・・、全て過去の事になった。
合格したのに委員会からダメだと言われたのと、どっちがあきらめがつくのか考えると、この結果の方が諦めはつく。
向こうがいらないといったのだ。
それなら仕方がない。
自分より優れた技量を持った人が選ばれたのだ。
それは仕方がない。

もう、シニアのことは考えることもないだろう。


by saitoru1960 | 2017-08-10 14:46 | SVへの道

マスードから送られてきた写真

モルディブブラインドサッカーの普及のためにと、マスードからこの春依頼されたボールがようやくマーレに届いた。
モルディブ視力障害アスリート(Mohamed Maxin)が手にしたボールには上世が書いた「Don’t think ! FEEL !!」の文字が写っている。
f0013998_11265104.jpg

by saitoru1960 | 2017-08-10 05:20 | モルディブ

川内のことばに

f0013998_12142504.jpg

~ただ、自分としてはやれるととはすべてやりきれたというか、9位なんですけど、最後にこういう走りができて本当によかった。
モスクワの時はあまりにも悔しくて、夜も寝られず、夜のモスクワの街に1人で走りださないと怒りが抑えられないくらい悔しかった。
ショックをうけて、落ち込んだ部分もあって、日本代表としてふさわしくないということで、やめたいというか、正直プレッシャーが本当にきつかったので、本当、日本代表って苦しいなっていうのがすごくあって、本当くやしかった。
でも、間違いなかったんですけど、ここまで本当に苦しい中、頑張って耐えてやってきて、本当によかった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
代表選手がここまで悔しがるのは、日本代表に対する周囲の過度なプレッシャーがなければ生まれないのかもしれない。
「苦しくて代表にはなりたくない」というアスリートの声を「選ぶ側」の陸連はどのように捉えられるのだろうか。
それでもこの後、川内は、
「東京までと言わず、その先までも日本のマラソンを応援よろしくお願いします」
とファンの人達にメッセージを送っている。



by saitoru1960 | 2017-08-07 05:13 | スポーツ

心動かされたことを忘れぬように


by saitoru1960
プロフィールを見る